小売関係者ら1200人が来場‐第94回東京医療品フェア開く

 第94回「東京医療衛生用品フェア」が20、21の両日、東京浅草の都立産業貿易センター台東館で開かれた。会場では、生活者の関心が最も高いといわれている「健康・介護・衛生・環境・快適」の五つをキーワードとした商品展示と共に、様々な企画も用意され、2日間で約1200人の小売関係者らが来場し、賑わいを見せた。

 主催する東京医療用品卸商協同組合の岡本正敏理事長は、会期中の会見で「2月中に2度も大雪に見舞われ、この雪の影響が残る中でも会場に足を運んでいただいた方々もおり、改めて同フェアが役立っていることを認識すると共に、今後もフェア開催への使命感を強く感じた」と振り返った。

 同フェアが注力する企画の一つ「シニアライフ用品展示特設コーナー」は、出展メーカーが年々増加する傾向にあり、今回は20社ほどが、歩行、介護食、入浴、排泄、口腔ケアなどに関する商品を展示し、注目を集めた。さらに、初めて設置された「ホームヘルスケア商品紹介コーナー」では、家庭でできる応急処置商品(今回は絆創膏を中心にピックアップ)や大気汚染対策商品を展示した。

多くの小売関係者で賑わう会場 同フェアは今回で94回目となるが、岡本理事長は100回目が目前に迫っていることに言及。「今後もユニークな企画などを集めて、現在の日本が直面している少子高齢化、特に高齢化に関するものに目を向け、国民が健康で過ごせるような最前線の知識を交えて、節目の100回を迎えたい」との考えを強調した。

 なお、同会場は今年4月から改装に入るため、8月に開催される次回、来年2月の次々回は、東京浜松町の都立産業貿易センター浜松町館での開催となる。

薬事日報より

受付:平日9:00-18:00  担当:福井・大石

  • ISO認証・取得ライセンス一覧
  • 医療・化粧品物流ブログ
  • 医療・化粧品物流用語集
フリーダイヤル 0120-998-094
お気軽にお問い合わせください! 平日 9:00 - 18:00 担当:福井・大石
お問い合わせはこちら
お見積・資料請求はこちら