医療機器会社 B社様の事例

弊社のお客様へインタビューを実施いたしました。プライバシーの観点からお客様名は伏せさせて頂いております。お客様へのインタビュー原稿は弊社内で厳重に保管しております。

B社様に鈴与が提供している物流サービス

取り扱い製品イメージ

B社様の、日本国内の配送拠点はすべて鈴与が請け負っています。 港で通関はせず、鈴与の倉庫で輸入申告を行ない、デバンニングから検品、在庫管理、出荷作業を実施しています。

B社様の声をいただきました

Q1. お付き合いが始まった経緯はなんですか?

A1. 丁寧に商品をチェックする必要が出てきたためです。

我々は医療機器を海外から輸入しているのですが、海外の本社工場と日本のお客様との間に品質に対する価値観にズレが発生していました。そこで倉庫の運営方法について見直すことになり、何社か検討していた中で鈴与さんに頼むことにしました。鈴与さんは創業200年の歴史があり、商品チェックも丁寧だったのでお願いしました。

Q2.御社が物流に関して、重要視しているポイントは何ですか?

A2.医療機器を扱っているので、供給を絶やしてはいけないということです。

医療機器を扱う上で重要なのは、人の命に関わるものであるため絶えず供給が必要ということです。 出荷のボリュームが大きくなる時も供給していく必要があるのですが、繁忙期に偏りがあり、コスト面からしても今までは対応が困難でした。それが鈴与さんに依頼してからは、迅速かつ正確に対応していただけるため、繁忙期でもスムーズに出荷することができており、感謝しています。

Q3.鈴与を評価していただいている点は何ですか?

A3. 現場でプラスαの動きをしてくれる点です。

こちらが要求していないことでも、臨機応変に率先して動いていただけます。
日々物流及び現場作業の改善活動をしてくれており、資料として見える化できている改善提案件数も1件/月以上あり、世界の物流拠点の中でも、改善額も件数も多くなっています。そのため、グローバルで評価され、2012年に表彰を受けました。
日々の努力のおかげで物流効率化の改善活動において、全社で見ても日本は上位に位置づけられています。

Q4. 今後、鈴与に期待することは何ですか?

A4. 倉庫保管のプロとして、今以上に指導していただきたいです。

現場では自分たちでも気づかない改善箇所がまだまだあると思います。 やはり現場のプロですし、そういった点に対しても今まで以上に提案してもらいたいです。 そうしていただけることで、今後更に物流効率を上げていきたいですね。

お客様の声一覧

受付:平日9:00-18:00  担当:福井・大石

  • 取得ライセンス一覧
  • 医療・化粧品物流ブログ
  • 医療・化粧品物流用語集