鈴与の医療機器物流ブログ

~医療機器物流・製造に関する最新情報をお届け致します~

日本の医療機器市場ー輸出入状況についてー

2021年08月27日(金)RSS

こんにちは、鈴与の医療機器トータルアウトソージングサービスの吉崎です。

前回のブログでは、日本の医療機器市場:日本における医療機器の生産状況についてまとめました。
今回は、日本の医療機器輸出入状況について、厚生労働省の薬事工業生産動態統計調査をもとにご紹介します。

※薬事工業生産動態統計調査は、統計法に基づく基幹統計調査(基幹統計である薬事工業生産動態統計を作成するための調査)として、
医薬品、医薬部外品、医療機器及び再生医療等製品(以下「医薬品等」という。)に関する生産の実態等を明らかにすることを目的としています。
調査の概要については以下サイトよりご確認ください。
https://www.mhlw.go.jp/toukei/list/105-1e.html

【輸出】
令和元年(2019年)の輸出金額は、1兆91億円となっており、グラフを見ると過去5年の輸出金額は増加傾向です。
前年の6,676億円と比較すると令和元年の輸出金額は51.1%の増加率です。
輸出金額グラフ

内訳を類別名称別で見ると、医療用鏡(内視鏡など)が1,767億円(全体の17.5%)で1番多くを占めており、
次に内臓機能代用器(ペースメーカーや人工心肺装置など)が1,360億円(13.5%)、
血液検査用器具(血液凝固分析装置やヘモグロビン分析装置など)が1,358億円(13.5%)という順番でした。
上位3品目で全体の約45%を占めていると言えます。

【輸入】
令和元年(2019年)の輸入金額は、2兆7,230億円となっており、輸出と同じく増加傾向にあります。
前年の1兆6,204億円と比較し、こちらも1兆1,026億円(68.0%)の増加となっています。
輸入金額グラフ

類別名称の上位3品目は以下の通りです。
・医療用嘴管及び体液誘導管(カテーテル、カニューレ、チューブなど):4,114億円(全体の15.1%)
・整形用品:3,790億円(13.9%)
・内臓機能代用品:3,773億円(13.9%)

※薬事工業生産動態統計調査の輸出入に関する数値は、国内の生産等の実態を明らかにすることを目的としており、貿易実態を把握するための数値としては適しておりません。
数値・金額の定義については以下リンクをご確認ください。
https://www.mhlw.go.jp/topics/yakuji/2019/nenpo/dl/insathu_e.pdf

この調査の数値から分かるように、令和元年までの輸出入金額は増加傾向にあり、輸出金額よりも輸入金額の方が2倍以上多くなっています。
また、令和元年の生産金額2兆5,678億円を考慮すると、日本では国内で生産した医療機器より輸入医療機器の方が多くを占めていることも分かります。

当社で取り扱っている医療機器の多くも輸入医療機器です。
輸入医療機器は市場へ流通する前に、必ず医療機器製造業登録を持った場所にて製造所出荷判定、さらには市場出荷判定をする必要があります。

当社の医療機器製造業登録を保有した倉庫では、輸入医療機器の受入検査や検品、法定表示ラベルの貼付といった作業を行い、製造所出荷判定を行っております。
こうした製造業作業の委託先を探している方は、ぜひ一度鈴与へお問い合わせください
輸入手配から製造作業、保管、お客様までの出荷・納品までトータルでサポートさせていただきます。

>>鈴与に問い合わせをする


□■ 鈴与の医療機器物流■□
医療機器のフォワーディングから製造、滅菌サポート、配送までワンストップで対応!
高品質で柔軟性の高い医療機器物流サービスを展開しております!
□■ 鈴与の医療機器物流サービス■□
医療機器倉庫・配送センターサービス
医療機器製造業(包装表示保管)サービス
医療機器製造業(無菌バリア包装)サービス
貸出医療機器洗浄サービス
輸入手配サービス
□■お問い合わせ先■□
フリーダイヤル:0120-032-029(受付時間:平日9時~18時)
WEBでは24時間受付中→お問い合わせフォームはこちら


 

鈴与株式会社 メディカルロジスティクス事業部 吉崎

愛知県出身。入社後、海貨事業・国際物流の分野において、輸送機器メーカー様の製品を世界各地へ輸出する、輸出手配のサポートや通関業務に携わる。その後、異分野である当部署へ異動し、医療機器物流の営業担当として活動。

0120-032-029

日本の医療機器市場ー生産状況についてー

2021年08月18日(水)RSS

こんにちは、鈴与の医療機器トータルアウトソージングサービスの吉崎です。

今回は日本の医療機器市場:日本における医療機器生産状況について、厚生労働省の薬事工業生産動態統計調査をもとにまとめたいと思います。

※薬事工業生産動態統計調査は統計法に基づく基幹統計調査(基幹統計である薬事工業生産動態統計を作成するための調査)として、
 医薬品、医薬部外品、医療機器及び再生医療等製品に関する生産の実態等を明らかにすることを目的としています。
 調査の概要については以下サイトよりご確認ください。
 https://www.mhlw.go.jp/toukei/list/105-1e.html

高齢化が進んでいること、健康への意識が高まっていることから、今後も安定的に成長が見込まれる市場として位置づけられておりますが、
実際日本における医療機器の生産状況はどうなっているのでしょうか?

令和元年(2019年)の生産金額は、約2兆5,678億円となっており、前年と比較して6,188億円(31.8%)の増加率です。
10年前の平成22年と比較すると、1.5倍の生産金額となっており、実際の数値を見ても大きく増加しています。

生産金額グラフ

ちなみに、令和元年の都道府県別生産金額は、1位は静岡県、2位は栃木、3位 茨城、4位福島、5位埼玉の順になっています。

また、医療機器類別名称別生産金額を見ると、以下の3つの類別名称の製品が、全体の3割の生産金額を占めています。
・内臓機能代用器(ペースメーカーや人工心肺装置など):3,049億円(全体の11.9%)
・医療用嘴管及び体液誘導管(カテーテル、カニューレ、チューブなど):2,824億円(11.0%)
・医療用鏡(内視鏡など):2,419億円(9.4%)

このように、国内での生産金額は年々増えており、市場が拡大していることが分かります。
今回は国内の生産金額を取り上げましたが、次回は医療機器の輸出入状況に関しての内容を取り上げたいと思います。

鈴与では、国内工場で生産されている医療機器も輸入医療機器もどちらも取扱実績がございます。
医療機器を国内へ流通させる”物流”という側面で、医療機器を取り扱うメーカー様・医療機器製造販売業者様をサポートさせていただきますので、
医療機器物流に関するお悩みのある方は、ぜひ一度鈴与へお問い合わせください。
>>鈴与に問い合わせをする


□■ 鈴与の医療機器物流■□
医療機器のフォワーディングから製造、滅菌サポート、配送までワンストップで対応!
高品質で柔軟性の高い医療機器物流サービスを展開しております!
□■ 鈴与の医療機器物流サービス■□
医療機器倉庫・配送センターサービス
医療機器製造業(包装表示保管)サービス
医療機器製造業(無菌バリア包装)サービス
貸出医療機器洗浄サービス
輸入手配サービス
□■お問い合わせ先■□
フリーダイヤル:0120-032-029(受付時間:平日9時~18時)
WEBでは24時間受付中→お問い合わせフォームはこちら


 

鈴与株式会社 メディカルロジスティクス事業部 吉崎

愛知県出身。入社後、海貨事業・国際物流の分野において、輸送機器メーカー様の製品を世界各地へ輸出する、輸出手配のサポートや通関業務に携わる。その後、異分野である当部署へ異動し、医療機器物流の営業担当として活動。

0120-032-029

医療用手袋とは?

2021年08月02日(月)RSS

こんにちは、鈴与の医療機器トータルアウトソージングサービスの吉崎です。

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、人工呼吸器(ECMO)やパルスオキシメータといった医療機器が話題となっておりますが、
医療用手袋の需要も大きく増えており、当社においても、昨年と比較すると、医療用手袋の取扱に関する問い合わせが多くなっております。
今回は、その医療用手袋について取り上げたいと思います。

【医療用手袋とは】
医療用手袋は、医療現場で頻繁に使用される個人用防護具(Personal Protective Equipment: PPE)の1つです。
医療従事者は、血液や体液などによる感染や汚染を防ぐため、また患者様へ感染・汚染が及ぶのを防ぐために、医療用手袋を着用しています。

【手袋の種類】
手袋は医療機器に該当するものと該当しないものがあります。
①医療機器に該当する手袋
・歯科用手袋(クラス分類:クラスⅠ)
・検査・検診用手袋(クラス分類:クラスⅠ)
・手術用手袋(クラス分類:クラスⅡ)
②医療機器に該当しない手袋
・多用途手袋:器具の洗浄や清掃時などに使用する、再使用可能な指先から前腕くらいまで覆える厚手の手袋

【手袋の素材】
手袋には、天然ゴム、ニトリル、ポリ塩化ビニルなどさまざまな素材のものがあります。
素材ごと、特製やバリア効果、装着感などが異なっており、手袋を選択する際にはこれらの違いを考慮に入れて選択することが重要です。

※参考サイト:一般社団法人職業感染制御研究会

医療機器に該当する医療用手袋を輸入販売する場合には、輸入者が医療機器製造販売業許可を取得し、製品の品質や市場への流通に関する責任を持つ必要があります。
また、輸入した手袋の製造作業、保管は、医療機器製造業登録を取得した場所(倉庫)にて対応しなくてはいけません。
さらに、手袋を病院等に販売するには、販売する業者が医療機器販売業を取得する必要があります。
※クラス分類によって、必要な業が異なりますので、ご留意ください。
クラスⅠの場合
・製造販売業:第三種医療機器製造販売業
・製造業:必要
・販売業:不要(特定保守管理の医療機器を除く)
クラスⅡの場合
・製造販売業:第二種医療機器製造販売業
・製造業:必要
・販売業:必要

鈴与では医療機器製造業登録倉庫を保有しておりませすので、医療機器に該当する医療用手袋の取扱も可能です。
医療用手袋の取扱実績もございますので、医療用手袋の保管場所、製造作業の委託先を検討されている方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。
>>鈴与に問い合わせをする


□■ 鈴与の医療機器物流■□
医療機器のフォワーディングから製造、滅菌サポート、配送までワンストップで対応!
高品質で柔軟性の高い医療機器物流サービスを展開しております!
□■ 鈴与の医療機器物流サービス■□
医療機器倉庫・配送センターサービス
医療機器製造業(包装表示保管)サービス
医療機器製造業(無菌バリア包装)サービス
貸出医療機器洗浄サービス
輸入手配サービス
□■お問い合わせ先■□
フリーダイヤル:0120-032-029(受付時間:平日9時~18時)
WEBでは24時間受付中→お問い合わせフォームはこちら


 

鈴与株式会社 メディカルロジスティクス事業部 吉崎

愛知県出身。入社後、海貨事業・国際物流の分野において、輸送機器メーカー様の製品を世界各地へ輸出する、輸出手配のサポートや通関業務に携わる。その後、異分野である当部署へ異動し、医療機器物流の営業担当として活動。

0120-032-029

ブログ 過去記事一覧

受付:9:00〜18:00 (土・日・祝祭日除く) 担当:大石・吉崎

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

月別の記事

0120-032-029
9:00〜18:00 (土・日・祝祭日除く)