鈴与の医療機器物流ブログ

~医療機器物流・製造に関する最新情報をお届け致します~

医療機器需要の高まりと倉庫スペースの課題

2020年12月28日(月)RSS

皆さん、こんにちは。
鈴与の医療機器トータルアウトソーシングサービスの大石です。

このブログの更新も、年内最後となります。
毎回更新を楽しみにしていた方も、そうでない方も、ぜひ最後までお付き合いいただければ幸いです。

2020年も残すところ数日となりましたが、今年は新型コロナウイルスの感染拡大の影響により世の中が大きく変化した1年でした。
今年最後のブログも、新型コロナウイルスに関連した内容です。

12月14日付で厚生労働省より事務連絡として
「新型コロナウイルス感染症の患者数増加に備えた人工呼吸器等消耗品の医療機関への無償配布について」
が都道府県及び医療関係団体宛てに発出されました。

内容は、人工呼吸器等を使用する医療機関における医療継続を担保するため、必要となる消耗品を厚労省が購入し、
人工呼吸器等を保有する医療機関へ無償配布する、といったものとなります。
※詳細は以下URLよりご確認ください
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00088.html

今後も感染拡大が止まらない場合、医療体制を維持するため特定の医療機器に対する需要が増大する可能性は十分考えられます。
また、新型コロナウイルスへの感染等を診断するための体外診断用医薬品に関しても需要が高まっており、
そういった需要に備え、各事業者様は通常以上の在庫を保有する(または既にしている)ことになるかと思われます。

国内の医療を支えるうえで特定の医療機器の在庫を確保することは必要なことではありますが、
これにより使用倉庫キャパシティを在庫物量が上回ってしまい、
・特定の医療機器以外の在庫をおさえなくてはならず、結果欠品が発生し販売機会を損失してしまう恐れがある
・倉庫内が在庫でいっぱいとなり、極端に作業効率が低下してしまう

など、副作用的に課題が発生している事業者様も多いのではないでしょうか?

鈴与では、全国5か所に医療機器製造業登録拠点を有しており、また体外診断用医薬品製造業登録拠点もございます。
各事業者様の状況を細かくヒアリングさせていただき、課題を把握したうえで、全体最適となるご提案をさせていただきますので、
倉庫スペースに課題をお持ちであれば、ぜひ一度ご相談、お問い合わせください。

コロナに始まりコロナに終わる2020年となりましたが、2021年が皆様にとってより良い1年となりますことを願いまして、
本年最後のブログ更新とさせていただきます。

来年も、鈴与の医療機器アウトソーシングサービスを、何卒よろしくお願い致します。

医療機器物流のアウトソースに関するお問い合わせはコチラまでお気軽にご連絡下さい。

サービス一覧へのバナー

鈴与株式会社 メディカルロジスティクス事業部 大石

静岡県出身。入社以来、現場担当としてメディカル関連企業の物流に携わる。平和島センター、御殿場センターにて責任技術者を経験。現在は医療機器物流の営業担当として活動。

0120-032-029

温度管理について

2020年12月16日(水)RSS

鈴与の医療機器トータルアウトソーシングサービスの石間です。

先日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチンが、2021年6月末までに6,000万人分の供給を受けることで基本合意したことが報道されました。
その際、保管条件として零下70度前後の「超低温」管理が必要であることも話題となりました。
いわゆる家庭の冷凍庫は、零下18℃前後です。
目的により冷凍の温度帯は異なるため、『冷凍倉庫』でもどの温度帯なのかの確認が必要となります。

今回はそんな『温度管理』について紹介いたします。
医療機器や体外診断用医薬品においても温度管理が必要となる製品があり、多くのお客様よりお問い合わせを頂いております。

温度管理条件としてよく使われる言葉で紛らわしいものとして『常温』があります。
一般的な倉庫において『常温』は、何も管理をしていないそのままの状態『成り行き』を指しますが、
日本薬局方の通則においては『常温』は15-25℃の事を指すことが定義されています。

残念ながら私たち鈴与のメディカル関連の倉庫において、零下70度の管理が出来る保管設備は保有しておりませんが、
1-30℃(全館空調完備倉庫)及び2-8℃(大型冷蔵設備)の温度管理が出来る保管設備を保有しております。
設備の詳細はこちらからご確認いただけます。

温度管理が必要な製品があり、アウトソースをご検討されているお客様は是非一度お問い合せください。

参考までに日本薬局方の通則では以下の定義となっております。
『常温』・・・15-25℃
『室温』・・・ 1-30℃
『冷所』・・・ 1-15℃
尚、冷蔵や冷凍についての定義はありません。

サービス一覧バナー(新)

鈴与株式会社 メディカルロジスティクス事業部 石間

東京都出身。入社以来、現場担当としてメディカル関連企業数十社の物流に携わる。御殿場センター、平和島センター、大黒センターにて責任技術者を通算12年経験。現在は医療機器物流の営業担当として活動。

0120-032-029

感染管理について

2020年12月02日(水)RSS

こんにちは、鈴与の医療機器トータルアウトソーシングサービスの岡田です。

新型コロナウイルスが猛威を振るう中、あっという間に師走へと突入し、今年も残すところあと一か月となってしまいました。
来る2021年に向けて楽しく年末年始を過ごすためにも、決して気を緩めずに手洗い・うがい・マスクの着用を忘れずに行いましょう。

さて、今回はそんな新型コロナウイルス対策に関連して、鈴与の貸出医療機器リターナブル洗浄センターにて行っている感染管理についてお話しします。

「感染源」「感受性宿主」「伝播経路」
この三要素が揃うことで、感染が成立してしまうと言われています。
つまり感染管理の基本は「感染の三要素を断ち切る」ということになり、使用済みの医療機器を取り扱う上では特に重要視すべき事項です。

鈴与の貸出医療機器洗浄センターでは、下記感染管理を遵守しております。
 ①「感染源」を断ち切る・・・・手などの洗浄・消毒によって菌数を減らす、作業場の清掃
 ②「感受性宿主」を生まない・・体調(栄養)管理によって体力、抵抗力を高める
 ③「伝播経路」を断ち切る・・・マスク、グローブ、ガウン(保護具)の着用によって菌やウイルスとの接触を断つ

いずれも今となっては当たり前のことですが、全員がこれらを意識して実施することで、安全な作業というものが生まれます。

鈴与では、貸出医療機器の洗浄や消毒作業を受託するとともに、その前後の物流対応・管理が可能な物流センターを運営しております。
私たちは、患者様、医療従事者様及び実作業に関わる弊社関係者が安全で安心できるメディカルロジスティクスに取り組んでいます。
医療機器に関連する製造、輸入、輸出、保管、配送等でご質問があれば、ぜひお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせ下さい

サービス一覧バナー(新)

鈴与株式会社 メディカルロジスティクス事業部 岡田

東京都出身。製薬会社での営業経験後、2019年4月鈴与に入社。入社後、平和島を中心とした当部署の現場作業を経験する。一時リターナブル洗浄センターの責任者としても勤務。現在は医療機器物流の営業担当として活動。

0120-032-029

ブログ 過去記事一覧

受付:9:00〜18:00 (土・日・祝祭日除く) 担当:大石・吉崎

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

月別の記事

0120-032-029
9:00〜18:00 (土・日・祝祭日除く)