鈴与の医療機器物流ブログ
~医療機器物流・製造に関する最新情報をお届け致します~

物流の品質向上・効率化のポイント その2

2020年05月25日(月)RSS

鈴与の医療機器トータルアウトソーシングサービスの吉良です。

本日は先週に引き続きまして、「物流の品質向上・効率化のポイント その2」 として、
「物流の品質向上・効率化のためのたった10のコツ!」のお役立ち資料の中から、以下の3つのポイントをご紹介いたします。
※上記お役立ち資料については、是非こちらからダウンロード下さい。

①5S
②作業の標準化
③作業員教育

①5S
「整理」「整頓」「清掃」「清潔」「しつけ」のことを指していることはもちろん、多くの方がご存知だと思いますが、それぞれの「意味」をしっかり把握されていますでしょうか?
整理・整頓、清掃・清潔は似たような言葉ですが、それぞれ意味が違い、また5つの項目は全て繋がっています。
全ての項目について漏れなく実践できていなければ、「5S」ができている状態とは言えません!
是非資料をご一読いただき、今の物流現場において5Sがどの程度実践できているか、振り返ってみましょう!

②作業の標準化
標準化、ってよく聞くけど、何をしたらいいのか分からない!
そもそも、何の為にやるの?やったらどんな効果があるの?
と二の足を踏んでしまう方もいらっしゃるかと思いますが、
物流現場においては、作業の効率化だけでなく、物流品質にも大きく影響する、重要な活動になります。
これを機に現状の皆さまの物流現場がどの程度標準化が進んでいるのか、評価してみてはいかがでしょうか?

③作業員教育
様々な物流業務において自動化、機械化が進んでいる昨今ですが、全ての作業を機械に置き換えることは難しく、「人」の手で行う作業の発生は避けられません。
やはり、物流現場は「人」が命なのです。
しかしながら、働く方々の性質や、モチベーションは様々…そんな中で、いかに均一で高品質の作業を行ってもらうことができるのか!?
本資料が、その手掛かりになるかもしれません…。

次回は「物流の品質向上・効率化のポイント 最終回」です!残る、3つのポイントについてご紹介いたします。

「物流の品質向上・効率化のためのたった10のコツ!」の資料では、基礎編/応用編に分けて、10個の改善ポイントをまとめております!
ぜひこちらからダウンロードください。

医療機器物流に関するお問い合わせはコチラからどうぞ!

サービス一覧へのバナー

鈴与株式会社 メディカルロジスティクス事業部 吉良

静岡県出身。入社後5年間新卒採用業務に携わった後、異分野である当部署へ異動。新規医療機器配送センター立上げ支援や品質保証課でISO13485認証取得推進、御殿場センター、平和島第一、第二センターの所長を務め、現在は営業担当として活動。

0120-998-094

物流の品質向上・効率化のポイント

2020年05月15日(金)RSS

鈴与の医療機器トータルアウトソーシングサービスの吉崎です。
緊急事態宣言発令の中でのゴールデンウイークが終わりましたが、皆様どのように過ごされたでしょうか?
5月14日には全国39県の緊急事態宣言の解除が発表されました。一方で、東京を含む8都府県では解除されておりません。
以前の生活に戻るまでにはまだまだ道のりが長いと感じるこの頃です。

さて、今回のブログは、物流品質向上・効率化のポイントについてです。
「物流品質」については、以前のブログ記事で少し説明させていただきましたが、
今回は物流の品質向上・効率化のために行うべき具体的なポイントを、「物流の品質向上・効率化のためのたった10のコツ!」のお役立ち資料から抜粋してご紹介いたします!
資料の詳細についてはこちらから!誰でも無料でダウンロードできますので、こちらのページよりぜひダウンロードください。

品質向上・効率化のための倉庫内の業務改善ポイントは、下記4つが挙げられます。
①ロケーション管理方法
②レイアウト
③ピッキング方法
④現場環境

①ロケーション管理方法
ロケーションとは、製品を保管する場所のことを指します。
現在の倉庫内のロケーションはきちんと管理されているでしょうか?どの製品がどの場所にあるのか分からないと、間違えたものを出荷してしまう可能性があります。また、製品特性に合わせたロケーション管理方法を採用することも必要です。
ロケーション管理の3つの方法(固定ロケーション、フリーロケーション、ダブルトランザクション)については、こちらの資料で詳しくご説明しています。

②レイアウト
倉庫内のレイアウト(棚や机などの配置場所、配置図)は把握していますか?
もし把握されていないようであれば、まずはレイアウト図・配置図を作成してみましょう。お役立ち資料では、レイアウト図の作成例についてもご紹介しています。
製品が入荷されてから保管、出荷されるまでの流れにあったレイアウトにすることで、倉庫全体の管理精度・品質を向上させることができます。

③ピッキング方法
物流現場において一番避けたい問題は、間違えた製品をお客様に出荷してしまう、ということでしょう。
こうしたことを発生させないためには、出荷件数や製品種類数に合わせたピッキング方法を採用することが1つの対策です。
ピッキング方法には、大きく分けて、オーダーピッキングとトータルピッキングがあります。
それぞれのメリット・デメリットについては、資料の中でご説明しておりますので、ぜひご確認ください。

④現場環境
現状の倉庫は、誰が見てもどこに何があるか分かるような環境になっているでしょうか?
現場環境の維持改善スローガンである5S(整理、整頓、清掃、清潔、しつけ)の観点で倉庫環境を整備することは、作業の効率や品質向上につながります。

その他にも、作業員への教育や作業標準化、ITやシステム、機械の活用も、物流の品質向上・効率化のための改善ポイントです。
これらのポイントについては、次回以降のブログでご紹介いたします!

「物流の品質向上・効率化のためのたった10のコツ!」の資料では、基礎編/応用編に分けて、10個の改善ポイントをまとめております!
ぜひこちらからダウンロードいただき、皆様の物流の品質向上や作業効率化の助けとなれば幸いです。

鈴与の医療機器物流に関するサービスについてのご不明点・ご質問は、こちらよりお問い合わせください。

>>鈴与のサービス概要をまとめた資料こちらから無料でダウンロードいただけます。
>>その他にも無料でダウンロードいただける資料一覧はこちらからご確認ください。

はじめての方へへのバナー

鈴与株式会社 メディカルロジスティクス事業部 吉崎

愛知県出身。入社後、海貨事業・国際物流の分野において、輸送機器メーカー様の製品を世界各地へ輸出する、輸出手配のサポートや通関業務に携わる。その後、異分野である当部署へ異動し、医療機器物流の営業担当として活動。

0120-998-094

社会インフラの一旦を担う物流という事業

2020年05月01日(金)RSS

鈴与の医療機器トータルアウトソーシングサービスの大石です。

緊急事態宣言が全国へと広がり、宣言延長の可能性も高まっている中、医療機関における物資不足が深刻さを増している状況は、皆様ニュース等で耳にするかと思います。

マスクや防護服、フェイスシールド等、医療従事者の方々を守るための物資不足が深刻であると同時に、患者様に対して使用する人工呼吸器などの医療機器も同様に不足している事実があります。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者様に使用される人工呼吸器の単回使用構成品は、”単回使用”医療機器に該当します。
単回使用医療機器は、感染防止を含む医療安全の観点から、特段の合理的な理由が無い限り、一度使用したものは再度使用することはできません。

しかしながら、現在の状況下においては人工呼吸器の需要ひっ迫が懸念されることから、臨時的且つ特例的ではありますが、製造販売業者が再使用に関する情報を医療機関へ提供することを差し支えない、とする事務連絡が厚労省より発出されました。
※PMDAでは、新型コロナウイルス感染症対策に係る活動についてまとめたページが公開されています。下記リンクよりご確認ください。
https://www.pmda.go.jp/about-pmda/news-release/0012.html

「臨時的且つ特例的」という言葉からも明らかですが、現在日本を取り巻く状況は未だかつて経験したことのない、まさに”緊急事態”であり、今後の感染状況によってはさらなる「臨時的且つ特例的」な措置が検討される可能性もあるのではないかと考えております。

そういった状況においても、医療機関への物資の提供や、その物流を止めることなく継続させるべく、鈴与では”物流”という社会インフラの一端を担う事業者として、また幅広いサービス領域これまで培った実績と経験を通じて、可能な限り協力していきたいと考えております。

また、このHPでも鈴与の医療機器物流に関する情報はもとより、医療機器業界における最新情報を発信してまいりますので、引き続きご拝読いただけますと幸いです。

医療機器物流に関してご不明点・ご質問ありましたら、こちらからお問い合わせください。

医療機器ニュースページへのバナー

鈴与株式会社 メディカルロジスティクス事業部 大石

静岡県出身。入社以来、現場担当としてメディカル関連企業の物流に携わる。平和島センター、御殿場センターにて責任技術者を経験。現在は医療機器物流の営業担当として活動。

0120-998-094

ブログ 過去記事一覧

受付:9:00〜18:00 (土・日・祝祭日除く) 担当:大石・吉崎

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

月別の記事

お役立ち資料ダウンロード
フリーダイヤル 0120-998-094
9:00〜18:00 (土・日・祝祭日除く)
お問い合わせはこちら
お見積・資料請求はこちら