鈴与の医療機器物流ブログ
~医療機器物流・製造に関する最新情報をお届け致します~

倉庫管理システム

2019年07月10日(水)RSS

みなさん、こんにちは。
鈴与の医療機器アウトソーシングサービスの大石です。

ジメジメとした日が続いており、梅雨明けが待ち遠しい今日この頃です。

今回は倉庫管理システムについてのお話です。

一般的に、システムとは、人、モノ、カネ、情報、設備といった要素を有機的に結合させる事ですが、倉庫管理システム(「WMS」=Warehouse Management System)は、倉庫や物流センターにおける入出庫在庫管理の作業効率と正確性を向上させるための仕組みのことを言います。

物流センターのシステムというと、物流情報システムを指す場合もあります。
物流情報を効率的に管理する事はたしかに重要な要素ですが、効率的で正確な物流センターの構築には、情報システムだけではなく、物流センターの各業務間における連携や、お取引先様や基幹システムとのデータ連携なども同様に重要な要素です。

物流センターでは入荷・保管・ピッキング・出荷と様々な作業を行っています。
作業の内容によって様々な設備や情報機器も導入され、データ連携がなされております。加えて、重要な業務として在庫管理等の管理業務も多々存在しております。
これらを有機的に結合するシステムが倉庫管理システム(WMS)になります。

鈴与では多くの医療機器メーカー様の倉庫管理実績を持つ自社開発の倉庫管理システムにより物流業務を行っています。
鈴与の倉庫管理システムでは、ロットや有効期限など、医療機器に求められるトレーサビリティー管理はもちろん、主に整形の領域で運用される貸出返却にも対応でき、お客様の在庫管理ニーズに柔軟に、且つきめ細かな対応を可能にするとともに、高い精度での在庫管理を実現致します。

在庫管理精度や、倉庫管理のシステム化に課題をお持ちでしたら、是非一度「鈴与の医療機器トータルアウトソーシングサービス」へお問合せください。

鈴与株式会社 メディカルロジスティクス事業部 大石

静岡県出身。入社以来、現場担当としてメディカル関連企業の物流に携わる。平和島センター、御殿場センターにて責任技術者を経験。現在は医療機器物流の営業担当として活動。

0120-998-094

在庫管理システム

2017年12月12日(火)RSS

鈴与の医療機器トータルアウトソーシングサービスの鍵谷です。

あっという間に1年が経ち今年も残りひと月となってしまいました。
年末に向けて何かと忙しくなる時期となり、みなさまの中にもお仕事の中で製品の入出荷管理や在庫の棚卸などで忙しい時期を迎えている方もいらっしゃると思います。

本日は鈴与の在庫管理システムのご紹介を致します。
一般的に物流センターでの入出荷作業や在庫を管理するためのシステムとして倉庫管理システム(WMS=Warehouse Management System)と呼ばれるシステムがあります。

物流センターの各業務の連携や取引先や基幹システムとのデータ連携も物流センターシステムに含まれます。

物流センターでは入荷・保管・ピッキング・出荷と様々な作業を行っています。作業の内容によって様々な設備や情報機器も導入されています。
また、重要な業務として在庫の管理等の管理業務も多々あります。これらを有機的に結合するシステムがWMSになります。

鈴与(株)では全国の物流センターで医療機器も含め様々な製品の取扱い実績のある倉庫管理システム(カーゴマスター)により、物流業務を行っています。
ロット管理や温度管理(一部拠点)など、柔軟な在庫管理ニーズにお応えでき、きめ細かな対応を実現する体制を整備しています。
また、医療機器に関しては、薬機法に対応した倉庫で大切に保管し、経験豊富な専門スタッフがひとつひとつ丁寧に管理いたしております。
詳しくはこちらのページをご覧ください.

鈴与株式会社 メディカルロジスティクス事業部 鍵谷

兵庫県出身。マテハンメーカーで物流会社向けの提案営業を経験。その後、前職の物流会社では主に小売業向けDC・TCセンター等の3PL提案営業とセンター運営管理を行っていた。現在は医療機器物流の営業担当として活動。

0120-998-094

在庫管理②

2014年04月24日(木)RSS

医療・化粧品物流.comの鍵谷です。

今回も在庫管理に関してのお話をさせて頂きます。

在庫を多く持ちすぎると不動在庫となり、経営効率の悪化にも繋がります。しかし、少なすぎると受注に対して商品が足りなくなり欠品を起こしてしまいます。

適正な在庫を維持するための需給調整を行う事は、単に物流現場だけの問題ではなく、経営的にも非常に重要な問題となってきます。

適正な在庫を見極めるには発注管理、仕入れ管理をきちんと行い、ABC分析や需要予測などを行って維持・コントロールをする事ができます。

鈴与では様々なお客様の物流センターの運営を行って様々なサービスをご提供しています。

現在の物流でお困りの点、疑問に思っている点等々物流に関するご相談がありましたら、ぜひ医療・化粧品物流.com(メール、フォーム、またはお電話)へお気軽にお問い合わせください。

鈴与株式会社 メディカルロジスティクス事業部 鍵谷

兵庫県出身。マテハンメーカーで物流会社向けの提案営業を経験。その後、前職の物流会社では主に小売業向けDC・TCセンター等の3PL提案営業とセンター運営管理を行っていた。昨年秋より医療機器物流の担当となる。

TEL : 0120-998-094

在庫管理

2014年04月03日(木)RSS

医療・化粧品物流.comの鍵谷です

今回は在庫管理についてのお話です。

物流センターではお客様からお預かりしている製品を棚卸作業などを通じて正確に把握しています。

在庫状況を正確に把握するためには、入庫や出庫の管理を徹底する必要があります。

物流センターでの日々の在庫管理情報を基にお客様は、製品の仕入れ・発注の管理を行う事で適正な在庫を維持する事が可能になります。

鈴与では、医療機器の薬事法が改正された翌年である2006年から、他社に先駆けて製造業ライセンスを取得いたしました。

薬事法に対応した保管・荷受・受入検査・製品検査・法定表示ラベル貼付・添付文書封入・包装・など、あらゆる付帯業務も代行可能です。

詳しくは医療機器の物流サービスをご覧ください。

鈴与株式会社 メディカルロジスティクス事業部 鍵谷

兵庫県出身。マテハンメーカーで物流会社向けの提案営業を経験。その後、前職の物流会社では主に小売業向けDC・TCセンター等の3PL提案営業とセンター運営管理を行っていた。昨年秋より医療機器物流の担当となる。

TEL : 0120-998-094

物流管理システム

2014年02月12日(水)RSS

 医療・化粧品.comの鍵谷です。先週の週末は東京では45年ぶりとなる積雪27cmを記録して、関東の広範囲で大雪の影響が出ましたが、関東にお住いの方は大変だっと思いますが、私も久しぶりの雪かき作業で腰を痛めてしまいました。日頃の運動不足を改めて痛感しました。

今日は物流会社で商品を管理しているシステムについてお話します。一般的に倉庫管理システム(WMS=Warehouse Management System)と呼ばれるシステムがあります。

システムとは人、モノ、カネ、情報、設備といった要素を有機的に結合させる事です。物流センターのシステムというと、物流情報システムを指す場合もあります。情報を効率的に管理する事はたしかに重要な要素ですが、情報システム管理だけでは効率的な物流センターは構築できません。物流センターの各業務の連携や取引先や基幹システムとのデータ連携も物流センターシステムに含まれます。

物流センターでは入荷・保管・ピッキング・出荷と様々な作業を行っています。作業の内容によって様々な設備や情報機器も導入されています。また、重要な業務として在庫の管理等の管理業務も多々あります。これらを有機的に結合するシステムがWMSになります。

鈴与(株)では多くの医療機器・化粧品の保管実績を持つ倉庫管理システム(カーゴマスター)により、物流業務を行っています。ロット管理や温度管理(一部拠点)など、柔軟な在庫管理ニーズにお応えでき、きめ細かな対応を実現する体制を整備しています。また、お客様の大切な商品を、薬事法に対応した倉庫で大切に保管し、経験豊富な専門スタッフがひとつひとつ丁寧に管理いたしております。
(詳しくは医療・化粧品.com(http://218.223.68.117/sv-equip/のページ)をご覧ください)

鈴与株式会社 メディカルロジスティクス事業部 鍵谷

兵庫県出身。マテハンメーカーで物流会社向けの提案営業を経験。その後、前職の物流会社では主に小売業向けDC・TCセンター等の3PL提案営業とセンター運営管理を行っていた。昨年秋より医療機器物流の担当となる。

TEL : 0120-998-094

ブログ 過去記事一覧

受付:9:00〜18:00 (土・日・祝祭日除く) 担当:大石・吉崎

お役立ち資料ダウンロード
フリーダイヤル 0120-998-094
9:00〜18:00 (土・日・祝祭日除く)
お問い合わせはこちら
お見積・資料請求はこちら