がん診断・再生医療、先端医療システム開発へ

 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、わが国の情報処理・技術を活用した先進医療システムの開発に着手する。同プロジェクトでは、▽がん診断・治療ナビゲーションシステム▽再生医療製品の有効性予測支援システム――の開発に産学が連携し取り組んでいく。

 がん診断・治療ナビゲーションシステムでは、がん患者の診断や治療の手法を最適化するための情報システムを構築し、医療現場での運用を目指す。同システムでは、がん患者それぞれの症状や事情に加え、その症状に関する医療情報や類似の治療実績・知見などをもとに、手術・放射線治療・抗がん剤治療などの組み合わせからなる、最適ながん治療に絞り込むことが可能になることが期待される。

 また、同プロジェクトではCTやMRIによる生体画像情報に、がん患部周辺の顕微鏡観察で得た細胞レベルの情報を組み込んで治療に有効活用するための技術も開発する。これによって、手術や放射線照射のさらなる精度向上が見込まれる。

 再生医療製品の有効性予測支援システムでは、細胞シートなどは自己の細胞を原料とするため、移植に用いた際に性能がばらつくことがあることから、実際の移植に用いる再生医療製品として有効性が十分な製品を選抜することを目標に、損傷を受けた角膜の移植手術に利用可能な自家培養角膜上皮シートを題材として、再生医療製品の有効性を高い精度で予測する技術を開発する。

 また、培養した角膜上皮シートの表面状態などを非破壊的に解析するなどの多様な品質情報により、移植後の有効性を予測するシステムを構築していく。さらに、同システムを用いた自家培養角膜上皮シートを臨床試験に用いることでシステムの有効性の確認を行い、角膜上皮シートの実用化に貢献していく。

薬事日報より

受付:9:00〜18:00 (土・日・祝祭日除く) 担当:大石・吉崎

  • ISO認証・取得ライセンス一覧
  • 医療・化粧品物流ブログ
  • 医療・化粧品物流用語集
お役立ち資料ダウンロード
フリーダイヤル 0120-998-094
9:00〜18:00 (土・日・祝祭日除く)
お問い合わせはこちら
お見積・資料請求はこちら