再生医療、共同研究を開始

 大阪大学と医薬基盤研究所、再生医療の事業化に取り組むレジエンスの3者は、iPS細胞を用いた肝硬変治療の再生医療等製品の開発について共同研究の契約を締結した。

 基盤研招聘プロジェクトリーダーの水口裕之・大阪大学大学院薬学研究科教授はiPS細胞から分化させた肝前駆細胞を維持・増幅する技術や高機能な肝細胞への分化誘導技術開発に成功している。この技術は、肝細胞の大量供給、ひいては肝細胞移植を可能にする基盤技術となるものと期待されている。

 この技術を基に、肝硬変治療に対する再生医療等製品の開発を実施するべく、3者は共同研究を行っていく。また、早期の企業治験を目標に、この技術の早期承認取得を目指すと共に、日本のみならず海外での開発も予定している。さらに、承認取得と製造販売に向け、レジエンスの製造拠点の整備を計画している。

 水口氏は、「私たちが開発に成功した分化誘導技術を用い、肝疾患の再生医療・細胞治療への応用に向けて全力を挙げて取り組んでいきたい」、またレジエンスの村山正憲氏は「薬事的なハードルは高いが、ぜひ実現したい」としている。

薬事日報より

受付:平日9:00-18:00  担当:福井・大石

  • ISO認証・取得ライセンス一覧
  • 医療・化粧品物流ブログ
  • 医療・化粧品物流用語集
フリーダイヤル 0120-998-094
お気軽にお問い合わせください! 平日 9:00 - 18:00 担当:福井・大石
お問い合わせはこちら
お見積・資料請求はこちら