新サイエンスセンター来月開設‐手術シミュレーターなど完備

ジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人のメディカルカンパニーは8月6日、医療従事者向け医療機器研究・トレーニング施設「東京サイエンスセンター」を本格稼働させる。日本国内にとどまらずアジア諸国からも医師等を集めて医療技術の向上につなげると共に、製品改良のための知見を蓄積し、各国のニーズに適合する製品の開発にも反映させる。

 同センターは神奈川県川崎市の湾岸エリアにある京浜臨海部ライフイノベーション国際戦略総合特区の殿町国際戦略拠点「キングスカイフロント」に位置する。革新的医薬品・医療機器を創出して健康長寿社会の実現や経済成長を目指す政府方針にも合致する施設として、日本の先進的医療機器や技法を国内外に向けて発信する拠点として活用する。

 低侵襲の外科手術シミュレーション装置、心臓・血管系疾患疾患や筋骨格系治療のトレーニング用シミュレーターなどの最先端設備のほか、遠隔映像カンファレンスシステムを完備しており、内視鏡外科手術や心臓・血管系疾患治療など多岐にわたる学習プログラムを提供する。

 利用者は国内外から年間に1万人超を見込んでいる。

薬事日報より

受付:9:00〜18:00 (土・日・祝祭日除く) 担当:大石・吉崎

  • はじめて医療機器物流をアウトソーシングする方へ
  • ISO認証・取得ライセンス一覧
  • よくあるご質問
  • お役立ち資料ダウンロード
  • 会社概要
0120-032-029
9:00〜18:00 (土・日・祝祭日除く)