ファミマとコクミンが一体型店‐医薬品と化粧品の強み打ち出す

 コンビニチェーン大手のファミリーマート(本社東京豊島区、ファミマ)は6月24日、全国18都道府県でドラッグストアおよび調剤薬局を展開するコクミン(本社大阪市、絹巻秀展社長)との一体型店舗を都内に出店した。両社は昨年11月に包括提携契約を結んでおり、今回が1号店となる。ファミマでは2012年5月のヒグチ産業を皮切りに、ドラッグストア、調剤薬局13社との提携を進め、一体型店舗はこれで23店舗目。ファミマでは「様々な立地での検証、ノウハウ構築も進んでおり、新規業態をスピードアップできる体制が整ってきた」(本多利範常務執行役員新規事業開発本部長)とし、今後もFCビジネスを推進していく考え。


 「ファミリーマート+コクミンドラッグ小岩駅前店」(東京都江戸川区西小岩1の23の13)は、JR小岩駅前の立地で、店舗面積は93・92坪、売場面積はファミマの標準型(40坪)より広い71・70坪。商品アイテム数は約9900で、うち一般用医薬品(第2類・第3類)約900種類を取り扱う。

 コクミンが雇用する登録販売者を交代で常駐(6人を予定)させ、一般用医薬品を24時間販売する。レジの向かい側、あるいはレジ周辺に医薬品コーナーを設置し、資格者が相談対応することを重視。食品(中食)コーナーの付近には、ダイエット・ビタミン関連のサプリメントを置くなど、健康志向派の意識に配慮した。

 このほか、これまでの他社との一体型店との違いに挙げるのが化粧品の強化で、「コクミンの得意とするビューティ関連商品の品揃えを充実させ、カウンセリングの美容部員を2人配置。女性向け制度化粧品をしっかり売っていく(化粧品3300アイテム中、制度化粧品が2300)。医薬品の専門性に加え、女性にスポットを当て、化粧品の売場を広く取っていることが特徴」(吉野正洋ファミマ新規事業開発部ヘルスケア事業部長)

 ファミマとしては、提携先との一体型店舗はこれで23店舗を数える。「(ヒグチ産業のように)慣れてきた会社は非常にスムーズな運営が行え、順調な推移を見せている。基本的にはFCビジネスに徹していく考えで、オープンな形でお互いがWin‐Winになるところは、どことでも組むという姿勢だ。今後も一体型の新業態を通じ、より健康に近い部分のソリューションサービスを強化していきたい」(本多氏)とする。

コクミン絹巻社長「調剤併設も考慮」


 また今回、初めてコンビニとの一体型店に取り組んだコクミンの絹巻社長は「ファミマは既に同業他社との展開で、相当なノウハウが蓄積されている。また、調剤併設型の一体型店では、確かな相乗効果が出ていると聞いている。将来的には、調剤併設型店の可能性も視野に入れて考えたい。当社として差別化できる部分は化粧品だと考えており、今回はそれを打ち出した。まずは1号店を成功に結びつけることが最重要で、現在のところ2号店以降の考えは全く未定」としている。

薬事日報より

受付:平日9:00-18:00  担当:福井・大石

  • ISO認証・取得ライセンス一覧
  • 医療・化粧品物流ブログ
  • 医療・化粧品物流用語集
フリーダイヤル 0120-998-094
お気軽にお問い合わせください! 平日 9:00 - 18:00 担当:福井・大石
お問い合わせはこちら
お見積・資料請求はこちら