スキンケア主軸に海外が伸長‐14年3月期は増収、過去最高益

 ロート製薬の2014年3月期連結決算は、売上高が前期比11・4%増の1438億2200万円、営業利益が17・0%増の168億2100万円、経常利益が16・1%増の171億円、当期純利益が10・6%増の89億4700万円の増収増益となった。スキンケア領域を主軸に、国内の売上高は微増で推移する一方、中国を中心に海外で売上高を大きく伸ばしたことで、21期連続の増収となったほか、営業利益、経常利益なども過去最高を更新した。


 国内の売上高は2・4%増の917億7200万円。花粉飛散量の減少に伴い「アルガード」が大幅に減少し、昨年3月の全面刷新による一時的な出荷減などの影響で、機能性化粧品シリーズ「肌研(ハダラボ)」ブランドも減収となったが、機能性化粧品「オバジ」ブランドが引き続き好調に推移。他のスキンケア医薬品なども伸び、増収に寄与した。

 海外の売上高は各エリアで増加した。特に、中国での売上高が約3分の2を占めるアジアは、38・8%増の391億0900万円と躍進。「肌研(ハダラボ)」や男性用化粧品「メンソレータムメン」、日やけ止め「サンプレイ」などのスキンケア用品に加え、目薬などアイケア関連も好調に推移した。アメリカは11・9%増の62億8800万円、ヨーロッパは21・2%増の48億0100万円と、それぞれ伸びた。

 全体の領域別内訳は、主軸のスキンケア関連は16・7%増の947億3400万円と続伸。アイケア関連は2・2%増の278億4500万円、内服・食品関連は6・8%増の174億6800万円と伸長した。

 今期(15年3月期)の通期連結業績は、売上高が5・7%増の1520億円、営業利益は1・1%増の170億円を予想。22期連続の増収、過去最高利益の更新を見込んでいる。

機能性化粧品「肌研」を世界ブランドとして育成


 大阪市内で開いた決算説明会で、吉野俊昭社長は「中国を中心としたアジアや各国での売上高を引き続き伸ばしたい」考えを強調した。

 その戦略の一つとして、中国で好調な「肌研(ハダラボ)」について「日本の肌研でなくアジアの肌研にしたい。世界ブランドとして仕掛けていきたい」と言及。中国独自のブランドである「メンソレータムメン」についても、中国からアジア各国に波及させる仕掛けが考えられると述べた。

 このほか、アジアだけでなく、今後は新興国やイスラム諸国、アフリカなども海外展開の視野にあることを示唆。19年3月期には海外の売上高を1000億円に伸ばし、国内と合わせて2000億円の売上高達成を目標にしていると説明した。

 一方、国内市場については「競合が増え、厳しい環境が続いている」と分析。「画期的な新製品を次々に投入するのは困難だが、かつて女性向け水虫治療薬という新製品を発売したように、智恵の絞り方はたくさんある」と述べ、新たな切り口での製品開発をさらに推進する考えを示した。

 6月から始まる新たな一般用医薬品販売制度の影響については「ネット販売によって利便性が高まるからといって、様々な症状を訴える人が増えるわけではない」とし、「基本的にはあまり影響を受けないと予測している」と語った。

薬事日報より

受付:平日9:00-18:00  担当:福井・大石

  • ISO認証・取得ライセンス一覧
  • 医療・化粧品物流ブログ
  • 医療・化粧品物流用語集
フリーダイヤル 0120-998-094
お気軽にお問い合わせください! 平日 9:00 - 18:00 担当:福井・大石
お問い合わせはこちら
お見積・資料請求はこちら