O157感染症 例年上回る‐食中毒の予防徹底を

腸管出血性大腸菌(EHEC)O157感染症の今年に入っての報告数が、第16週(4月22日)までに126例と、この5年間で、2010年に次ぎ2番目に多くなっている。重篤な合併症である溶血性尿毒症症候群(HUS)の発症率は例年と変わらないが、発症人数は2番目に多い。国立感染症研究所は「感染症週報」に掲載し、流行期の夏を控えていることから、関係者に周知を図っている。

 今年に入って、13週までは毎週5例以下で推移していたが第14週に22例、15週が56例、16週が16例と、例年を上回る報告数で推移している。22都道府県から報告があり、累積報告数が10例以上あったのは福島県34例、東京都21例、山形県18例、新潟県10例など東北と関東に多かった。

 報告のあった症例のうち、「馬刺し」と関連した記述があったのは約半数の52例と多かった。山形県は全てが「馬刺し」関連で、東京都12例、福島県10例、新潟県9例だった。年齢別では20歳代が11例と最も多く、次いで10歳未満と10歳代、30歳代が9例ずつで、比較的若年層で多かった。こうした症例には喫食(疑いを含む)に加え、馬刺しを喫食して下痢、血便などの消化器症状のあった成人の家族の二次感染が疑われる症例も含まれていた。

 HUS発症数は3例(発症率2・4%)だった。ここ5年間の同期をみると、09年3例(同2・9%)、10年5例(同2・8%)、11年1例(同1・5%)、12年1例(同1・5%)、13年3例(同4・5%)と発症率は例年と変わらない。14年の馬刺し関連症例のうち1例でHUSが確認されている。

 感染症週報では、「O157感染症は例年を上回る報告数で推移しており、夏期の流行期に備え食肉の十分な加熱処理などによる食中毒予防の徹底、手洗いの励行、ヒトからヒトへの二次感染を予防することが重要。HUSなど重症な合併症発症リスクが高い小児に特に注意を要する」と注意を促している。

薬事日報より

受付:平日9:00-18:00  担当:福井・大石

  • ISO認証・取得ライセンス一覧
  • 医療・化粧品物流ブログ
  • 医療・化粧品物流用語集
フリーダイヤル 0120-998-094
お気軽にお問い合わせください! 平日 9:00 - 18:00 担当:福井・大石
お問い合わせはこちら
お見積・資料請求はこちら