薬を創り、薬を育み、命を衛る

 日本薬学会第134年会(組織委員長:大塚雅巳熊本大学大学院生命科学研究部教授)が3月27日から30日の4日間、熊本市で開催される。

 大会テーマには「薬を創り、薬を育み、命を衛る」を掲げ、様々な領域で薬学に携わる研究者が集い、創薬から育薬にわたる最前線研究を発信し、分野の垣根を越えた薬学の将来に向けた活発な議論が行われる予定である。

 プログラムは例年通り、会頭講演、国内外から12題の特別講演、受賞講演のほか、シンポジウム(特別6題、一般59題、大学院生3題、スポンサード1題)、ランチョンセミナー17題、一般演題(口頭1041題、ポスター2569題)、機器展示(79社)、市民講演会などが企画されている。

 組織委員長である大塚氏は「2006年から導入された6年制薬学教育が一巡した今、薬を通して命を衛るため、創薬と育薬のため、基礎薬学と臨床薬学のバランスの良い発展が大事。その両者が患者の命を衛ることにつながると思う」とテーマに込めた思いを語る。年会を通じて、創薬から育薬、基礎研究から臨床現場まで、様々な分野で薬学に携わる人々が一堂に会し情報発信・収集を行うことで、今後の薬学発展へつながることが期待される。

【会期】

 3月27日(木)~30日(日)

【会場】

 熊本大学黒髪キャンパス

  ホテル日航熊本

 熊本市総合体育館など

【組織委員長】
 大塚 雅巳氏熊本大学大学院教授)

薬事日報より

受付:平日9:00-18:00  担当:福井・大石

  • ISO認証・取得ライセンス一覧
  • 医療・化粧品物流ブログ
  • 医療・化粧品物流用語集
フリーダイヤル 0120-998-094
お気軽にお問い合わせください! 平日 9:00 - 18:00 担当:福井・大石
お問い合わせはこちら
お見積・資料請求はこちら