鈴与の医療機器物流ブログ

~医療機器物流・製造に関する最新情報をお届け致します~
  • HOME
  • >
  • ブログ
  • >
  • 医療機器や医薬品の物流アウトソーシング市場

医療機器や医薬品の物流アウトソーシング市場

2022年04月12日(火)RSS

こんにちは、鈴与のトータルアウトソーシングサービスの吉崎です。

先月Report Oceanが発行したロジスティクスアウトソーシングの市場に関するレポートでは、
世界の物流アウトソーシング市場は、2021年に約9,852億米ドルと評価され、予測期間2021-2027年には4.9%以上の健全な成長率で成長すると予想されています。

世界的にアウトソーシング市場が大きくなっている中、日本の市場はどのように推移しているのでしょうか。
今回は日本の医療機器/医薬品の物流アウトソーシング市場についてまとめます。

矢野経済研究所による調査

矢野経済研究所では、国内の医薬品・医療器材物流アウトソーシングビジネスについて調査し、市場規模や参入企業動向、将来展望について公表しています。

調査概要については以下の通りです。
・調査期間: 2021年11月~2022年1月
・調査対象: 物流関連企業
・調査方法: 当社専門研究員による直接・オンライン面談、ならびに電話・eメールによるヒアリング調査併用
・医薬品・医療器材物流アウトソーシングとは:
本調査における医薬品・医療器材物流アウトソーシングとは、医薬品メーカー・医療器材メーカーの製品出荷から卸業者向け納品に関する物流業務の代行サービスを指す。
・市場に含まれる商品・サービス:医薬品・医療器材メーカーの物流管理代行サービス

医療機器・医薬品の物流アウトソーシングの市場規模

2011年度からの市場規模の推移を見ると、下のグラフの通り右肩上がりとなっており、年々増加していることが分かります。

2204MLブログ用グラフ

2020年度の市場規模(受託企業売上高ベース)は、前年と比較して3.8%増加しており、1,100億円となりました。
矢野経済研究所によると、医薬品・医療器材等の出荷量および物流関連企業等への委託率の増加、委託業務範囲の拡大などが続いていることにより、アウトソーシングサービスの市場は堅調な推移を示している、という見解を示しています。

医薬品や医療機器の業界内においては、6割以上の企業が物流のアウトソーシング・外部委託を行っていると言われており、物流のアウトソーシングが主流になってきていると言えるのではないでしょうか。

※参考ページ:「医薬品・医療器材物流アウトソーシング市場に関する調査を実施(2022年) | ニュース・トピックス | 市場調査とマーケティングの矢野経済研究所」

医療機器物流アウトソーシングのポイント

このように日本国内において医療機器の物流アウトソーシング市場が拡大しており、鈴与以外にも医療機器物流サービスを展開している企業は多く存在しています。
では具体的にアウトソーシング先を選定する際には、どのようなポイントで比較検討していけば良いのでしょうか。

鈴与では、比較検討すべきポイントとして以下5つを挙げております。
①提供サービス
②実績と経験
③品質
④機械化・システム化
⑤倉庫管理システム

5つのポイントの詳細については、医療機器物流コラムとしてご紹介しておりますので、ぜひご確認ください。
コラム|医療機器物流アウトソース先比較検討5つのポイント

はじめて物流アウトソーシングを検討する方にとっては、どのように進めていけば良いのか分からないという方も多いと思います。
検討の進め方については以下ブログでご紹介しておりますので、こちらも参考としていただければ幸いです。
ブログ|医療機器物流アウトソージング検討の進め方

鈴与では、自社で物流対応・医療機器配送センター運営をを行っていたお客様に対してのアウトソーシングのご提案・受託実績も多数ございますので、物流業者の切り替えを検討されている方はもちろん、初めての方も、医療機器物流のアウトソーシングを検討されている方はぜひ鈴与にお問い合わせください。

>>鈴与に問い合わせをする


□■ 鈴与の医療機器物流■□
医療機器のフォワーディングから製造、滅菌サポート、配送までワンストップで対応!
高品質で柔軟性の高い医療機器物流サービスを展開しております!
□■ 鈴与の医療機器物流サービス■□
医療機器倉庫・配送センターサービス
医療機器製造業(包装表示保管)サービス
医療機器製造業(無菌バリア包装)サービス
貸出医療機器洗浄サービス
輸入手配サービス
□■お問い合わせ先■□
フリーダイヤル:0120-032-029(受付時間:平日9時~18時)
WEBでは24時間受付中→お問い合わせフォームはこちら

鈴与株式会社 メディカルロジスティクス事業部 吉崎

愛知県出身。入社後、海貨事業・国際物流の分野において、輸送機器メーカー様の製品を世界各地へ輸出する、輸出手配のサポートや通関業務に携わる。その後、異分野である当部署へ異動し、医療機器物流の営業担当として活動。

0120-032-029

ブログ 過去記事一覧

受付:9:00〜18:00 (土・日・祝祭日除く) 担当:大石・吉崎

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

月別の記事

0120-032-029
9:00〜18:00 (土・日・祝祭日除く)