鈴与の医療機器物流ブログ

~医療機器物流・製造に関する最新情報をお届け致します~
  • HOME
  • >
  • ブログ
  • >
  • 令和2年の医療機器生産額ー薬事工業生産動態統計より

令和2年の医療機器生産額ー薬事工業生産動態統計より

2022年03月15日(火)RSS

先月、令和2年(2020年)の薬事工業生産動態統計年報が公表されました。
薬事工業生産動態統計調査は、統計法に基づく基幹統計調査(基幹統計である薬事工業生産動態統計を作成するための調査)として、医薬品、医薬部外品、医療機器及び再生医療等製品に関する生産の実態等を明らかにすることを目的としたものです。
今回は、令和2年の医療機器生産金額や輸出入金額についてまとめます。

 

医療機器の国内生産金額の推移

令和2年の国内生産金額は、2兆4,263億円となりました。
過去5年の推移は以下グラフの通りです。前年と比較すると958億円(3.8%)の減少となっているものの、過去数年に比べると大きく上回っています。
220316blog1
都道府県別の生産状況では、13都府県が前年と比較して増加し、トップが静岡県で3,654億円、全国生産額の15.1%を占めるという結果となりました。

 

医療機器類別名称別の生産金額

医療機器類別名称別の生産金額のトップ10は以下の表にあるように、医療用鏡(内視鏡など)が1位で2,850億円の生産額、全体の11.7%を占めるという結果となっています。
220316blog1-2

 

45位の体温計は、生産金額43億円75百万となり、前年の6億円と比較し、629.2%の増加となりました。
これは、新型コロナウイルスの影響が及ぼした結果と言えるでしょう。

 

医療機器の輸出入状況

【輸出】
令和2年における輸出金額は、9,909億円であり、前年の9,713億円と比較して196億円(2.0%)の増加となっています。
品目別で見ると、医療用鏡、血液検査用器具、医療用嘴管および体液誘導管(チューブやカテーテルなど)が上位3品目で全体の43.7%を占めた結果となりました。
以下グラフにあるように、医療機器の輸出金額については過去5年で右肩上がりになっています。
220316blog2
【輸入】
輸入金額は、2兆6,373億円であり、前年の2兆7,230億円と比較して857億円の減少となったものの、輸出金額の約2倍の生産金額となっています。
国内生産金額や輸出金額の数字と比較すると、日本は医療機器の輸入量が多いことが分かります。
品目別では、整形用品が1番多く、全体の15%を占めている結果となっています。
220316blog3

 

本統計より、2020年は新型コロナウイルスの感染が確認され、医療機器の需要が高まり、医療機器の生産金額が増加したと言えるでしょう。

 

医療機器は患者様の命に関わる製品ですので、安定した供給が求められます。
医療機器の輸入量が多い日本では、輸入~保管・製造~出荷までをスムーズに行うことが重要だと考えられます。

 

鈴与では、医療機器の製造・保管だけでなく、輸入手配も含めたワンストップサービスを展開しておりますので、医療機器の物流に関して課題やお困りごとのある方は、ぜひ鈴与へお問い合わせください。

 

 

>>鈴与に問い合わせをする


□■ 鈴与の医療機器物流■□
医療機器のフォワーディングから製造、滅菌サポート、配送までワンストップで対応!
高品質で柔軟性の高い医療機器物流サービスを展開しております!
□■ 鈴与の医療機器物流サービス■□
医療機器倉庫・配送センターサービス
医療機器製造業(包装表示保管)サービス
医療機器製造業(無菌バリア包装)サービス
貸出医療機器洗浄サービス
輸入手配サービス
□■お問い合わせ先■□
フリーダイヤル:0120-032-029(受付時間:平日9時~18時)
WEBでは24時間受付中→お問い合わせフォームはこちら

鈴与株式会社 メディカルロジスティクス事業部 吉崎

愛知県出身。入社後、海貨事業・国際物流の分野において、輸送機器メーカー様の製品を世界各地へ輸出する、輸出手配のサポートや通関業務に携わる。その後、異分野である当部署へ異動し、医療機器物流の営業担当として活動。

0120-032-029

ブログ 過去記事一覧

受付:9:00〜18:00 (土・日・祝祭日除く) 担当:大石・吉崎

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

月別の記事

0120-032-029
9:00〜18:00 (土・日・祝祭日除く)