鈴与の医療機器物流ブログ
~医療機器物流・製造に関する最新情報をお届け致します~

温度管理について

2020年12月16日(水)RSS

鈴与の医療機器トータルアウトソーシングサービスの石間です。

先日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチンが、2021年6月末までに6,000万人分の供給を受けることで基本合意したことが報道されました。
その際、保管条件として零下70度前後の「超低温」管理が必要であることも話題となりました。
いわゆる家庭の冷凍庫は、零下18℃前後です。
目的により冷凍の温度帯は異なるため、『冷凍倉庫』でもどの温度帯なのかの確認が必要となります。

今回はそんな『温度管理』について紹介いたします。
医療機器や体外診断用医薬品においても温度管理が必要となる製品があり、多くのお客様よりお問い合わせを頂いております。

温度管理条件としてよく使われる言葉で紛らわしいものとして『常温』があります。
一般的な倉庫において『常温』は、何も管理をしていないそのままの状態『成り行き』を指しますが、
日本薬局方の通則においては『常温』は15-25℃の事を指すことが定義されています。

残念ながら私たち鈴与のメディカル関連の倉庫において、零下70度の管理が出来る保管設備は保有しておりませんが、
1-30℃(全館空調完備倉庫)及び2-8℃(大型冷蔵設備)の温度管理が出来る保管設備を保有しております。
設備の詳細はこちらからご確認いただけます。

温度管理が必要な製品があり、アウトソースをご検討されているお客様は是非一度お問い合せください。

参考までに日本薬局方の通則では以下の定義となっております。
『常温』・・・15-25℃
『室温』・・・ 1-30℃
『冷所』・・・ 1-15℃
尚、冷蔵や冷凍についての定義はありません。

サービス一覧バナー(新)

鈴与株式会社 メディカルロジスティクス事業部 石間

東京都出身。入社以来、現場担当としてメディカル関連企業数十社の物流に携わる。御殿場センター、平和島センター、大黒センターにて責任技術者を通算12年経験。現在は医療機器物流の営業担当として活動。

0120-998-094

ブログ 過去記事一覧

受付:9:00〜18:00 (土・日・祝祭日除く) 担当:大石・吉崎

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

月別の記事

0120-998-094
9:00〜18:00 (土・日・祝祭日除く)