機器センターに「文京区医療機器産業地図」贈呈

サクラグローバルホールディングの松本謙一会長はこのほど、医療機器センター(菊地眞理事長)に「文京区医療機器産業地図」を寄贈した。18日に医療機器センター会議室で地図の贈呈式が行われ、松本氏が菊池理事長に地図を手渡した。

 贈られた地図は、昭和32(1957)年時点の地図と平成23(2011)年時点の地図の二つ。文京区本郷、春木町(旧町名)、湯島界隈で事業をしている医療機器会社を表したもので、松本氏の発案により、東京医科電機製作所の高村清氏が、自ら資料を集め、自らペンを取って描いた手描きのもの。

 本郷周辺は、医療機器産業の集積地として知られているが、過去の記録はほとんど散逸している。松本氏は、本郷における医療機器産業最盛期の記録を残すために地図の作成を発案し、寄贈先を医療機器センターにしたという。

 本郷界隈の医療機器会社は、最盛期の昭和30年頃には500社あったが、現在は300社を割ろうとしている状態だという。

薬事日報より

受付:平日9:00-18:00  担当:福井・大石

  • ISO認証・取得ライセンス一覧
  • 医療・化粧品物流ブログ
  • 医療・化粧品物流用語集
フリーダイヤル 0120-998-094
お気軽にお問い合わせください! 平日 9:00 - 18:00 担当:福井・大石
お問い合わせはこちら
お見積・資料請求はこちら