ニプロと抗インフルエンザ薬の共同販売契約を締結

 塩野義製薬は22日、ニプロと同社が発売中の抗インフルエンザ薬「ラピアクタ」の国内コ・プロモーション契約を締結したと発表した。

 ラピアクタは、塩野義製薬が2007年にバイオクリストから導入し、国内開発した点滴注射用製剤の抗インフルエンザウイルス薬で、10年1月に日本で販売を開始した。

 点滴という確実な投与により、迅速で優れた解熱効果を有し、より積極的な症状の回復を指向した外来患者の第一選択薬として、インフルエンザ感染症治療に繁用されている。

 今回のコ・プロモーション締結は、一般診療施設、特に小児科・耳鼻咽喉科での取り組みをより強化することを目的としたもの。

 ニプロは輸液、注射シリンジなどの医療機器や医薬品などの事業展開を行っている。一方、塩野義製薬はフィニバックスやフロモックスをはじめとする抗生物質の販売を通じて感染症領域で豊富な経験を有している。

 今後、両社は互いの強みを同じ領域で発揮することにより、ラピアクタのプロモーションの相乗的効果を目指す。

薬事日報より

受付:9:00〜18:00 (土・日・祝祭日除く) 担当:大石・吉崎

  • ISO認証・取得ライセンス一覧
  • 医療・化粧品物流ブログ
  • 医療・化粧品物流用語集
お役立ち資料ダウンロード
フリーダイヤル 0120-998-094
9:00〜18:00 (土・日・祝祭日除く)
お問い合わせはこちら
お見積・資料請求はこちら