プレミネントのGE薬、商標名「ロサルヒド」を推奨

 日本ジェネリック製薬協会(GE薬協)は、日本ジェネリック医薬品学会がGE薬配合剤の統一商標名を検討するのを受け、来年発売が見込まれる持続性ARBのロサルタンカリウムと利尿薬のヒドロクロロチアジドの配合剤GE薬(先発品:MSDの「プレミネント」)について、統一ブランド名として「ロサルヒド」の使用を推奨する通知を会員社向けに発出した。

 医療安全等の観点から、銘柄別収載のGE薬を一般名に変更する代替新規収載を厚生労働省が中心となって促しているが、配合剤の場合には一般名にすると名称が長くなったり、逆に処方・調剤ミスを引き起こす可能性もある。こうした中、日本ジェネリック医薬品学会では、配合剤のGE薬の統一ブランド名を特許庁に商標登録して、GE薬メーカーが広く利用できるよう、「ジェネリック配合剤商標プロジェクト」を設置。今年3~4月から同学会の理事、評議員らのほか、GE薬協や先発品・GE薬兼業メーカーの関係者で構成するプロジェクトメンバーのもとで、配合剤の名称を検討してきた。

 GE薬協でも、プロジェクトメンバーに人員を派遣している経緯から、配合剤の名称に関して、「一般名と統一ブランド名のどちらが望ましいかを方向性を出すべき」と判断。第1弾となるプレミネントのGE薬について、吉田逸郎会長名で会員社向けに、日本ジェネリック医薬品学会が商標登録した「ロサルヒド」の使用を推奨する通知を出した。

 既にプレミネントGE薬については、数社が独自の商標名で承認申請していることから、今後、医薬品医療機器総合機構とロサルヒドへの変更手続きなどを協議していく方針。

薬事日報より

受付:9:00〜18:00 (土・日・祝祭日除く) 担当:大石・吉崎

  • ISO認証・取得ライセンス一覧
  • 医療・化粧品物流ブログ
  • 医療・化粧品物流用語集
お役立ち資料ダウンロード
フリーダイヤル 0120-998-094
9:00〜18:00 (土・日・祝祭日除く)
お問い合わせはこちら
お見積・資料請求はこちら