第2回ココカラファイン合同フォーラム開催

ドラッグストア大手のココカラファインは今月15日、大阪市内で「第2回ココカラファイン合同フォーラム」を開催し、同社の薬剤師、管理栄養士、登録販売者らが、日常業務での取り組みや研究成果を学術大会形式で発表した。

 ◇全国から約500人が参加し、80題の一般演題が発表されたが、内容はドラッグストア企業らしく調剤業務を中心に在宅医療、OTC、化粧品販売まで多岐にわたった。発表演題からは優秀賞9題、特別賞1題が選ばれた。

 ◇「おもてなしNo.1になる」ことをコーポレートスローガンに掲げる同社。フォーラム開催により、社員が店舗や資格の垣根を越えて、発表内容や取り組みを共有することで、さらに店頭での「おもてなし」実践に生かそうというのが目的。

 ◇今回、薬系大学との共同研究成果なども発表したが、「次回以降は社外関係者にもオープンにしていきたい」(ココカラファインヘルスケア取締役人材採用本部長和智亮一氏)としている。

薬事日報より

受付:平日9:00-18:00  担当:福井・大石

  • ISO認証・取得ライセンス一覧
  • 医療・化粧品物流ブログ
  • 医療・化粧品物流用語集
フリーダイヤル 0120-998-094
お気軽にお問い合わせください! 平日 9:00 - 18:00 担当:福井・大石
お問い合わせはこちら
お見積・資料請求はこちら