「医と産業の連携」を重視‐医学会総会、8年ぶり開催へ最終準備

 第29回日本医学会総会の組織委員会は18日、都内で記者会見し、4月11日から13日まで京都市等で開かれる総会の学術プログラムと展示の準備状況を発表した。8年ぶりとなる総会は、関西6府県のオール関西で開催し、「医学と医療の革新を目指して―健康社会を共に生きるきずなの構築」をメインテーマに、少子超高齢社会の解決に向けた先端医療等を分野横断的に議論すると共に、医と産業の連携を重視し、社会価値を向上させる新産業創出の可能性を探る。

—————————————————————————————————————————————————————-

 井村裕夫会頭は、特に開かれた医学会総会を意識し、産業との連携に力を入れたことを強調。「少子高齢社会においては、あらゆる産業が方向を変えていくべき時代に来ている。医療産業は、経済価値だけでなく、社会価値も大きい」と述べ、社会価値を生み出す新しい産業の重要性を訴えた。

 学術プログラムの特徴の一つは、20の柱において医と産業の連携を打ち出したこと。特別企画でシンポジウム「健康社会を支える医と産業の新しい連携―新医療時代の開花に向けて」を実施。キヤノン、ヤマト運輸、オムロンヘルスケア、竹中工務店等、医薬品や医療機器のみならず、他産業との連携による新産業の創出を模索するほか、医学の柱の企画として「医療開発に不可欠な産学連携」を開催する。

 さらに、一般が参加できる市民公開講座として位置づけるセッションを10以上を設定し、分野横断的に議論。最終日には、3日間にわたって繰り広げた各セッションでの議論の結果を持ち寄り、「健康社会宣言2015関西」を提言する。学術講演の参加者は3万人を見込む。

 一方、3月28~4月5日にわたって、神戸市の神戸国際展示場等で開かれる公開展示「未来医XPO’15―あなたと暮らしの医の博覧会」は、メイン会場を少子高齢社会に想定される課題と解決のヒントをイメージした展示を行うスマートアイランド「未来社会のしくみときずな」等の四つのホールで構成し、医療関係者、一般市民が集い、語り合う会場を目指す。

 会期中は約25万人の来場者を見込んでいる。

薬事日報より

受付:9:00〜18:00 (土・日・祝祭日除く) 担当:大石・吉崎

  • ISO認証・取得ライセンス一覧
  • 医療・化粧品物流ブログ
  • 医療・化粧品物流用語集
お役立ち資料ダウンロード
フリーダイヤル 0120-998-094
9:00〜18:00 (土・日・祝祭日除く)
お問い合わせはこちら
お見積・資料請求はこちら