【15年度予算案】医療研発体制に598億円、研究公正推進へ教材作成も

 文部科学省の2015年度予算案で科学技術予算は、前年度比0.3%減の9680億円となった。医療分野の革新的技術実用化を強力に後押しするため、4月に発足予定の日本医療研究開発機構(AMED)関連費用として598億円を計上。創薬等に活用する次世代スパコンのポスト「京」の開発に40億円を充て、2020年を目標に世界トップレベルのスパコン開発を目指す。

 ライフサイエンスによるイノベーション創出には、前年度比14億円増の856億円を計上。AMED関連経費として、新たな医療分野の研究開発体制の構築に28億円増の598億円を充て、基礎から実用化までの一貫した研究開発を強力に推進する。

 その中で、橋渡し研究加速ネットワークプログラムには60億円を計上。全国の橋渡し研究支援拠点と、厚生労働省が整備する臨床研究品質確保体制整備病院と一体化することにより、基礎研究で見出したシーズを国際水準の臨床研究で実用化につなげる体制を構築する。

 日本発の革新的なバイオ医薬品創出に貢献し、大学等の基盤技術開発を推進する革新的バイオ医薬品創出基盤技術開発事業には13億円を充てる。

 新規でアジア・アフリカに整備した海外研究拠点を活用する「感染症研究国際展開戦略プログラム」に概算要求とほぼ同額の19億円を計上。感染症の病原体に対する診断薬、治療薬開発の基礎研究を進め、感染制御に向けた新技術の開発等を図る。

 さらに、国際水準の研究環境と基盤の充実・強化として、次世代スパコンであるポスト「京」の開発(フラッグシップ2020プロジェクト)には40億円を計上。前年度に比べて約28億円の大幅増額を確保した。20年を目標に、創薬等の課題を解決する世界トップレベルのスパコンを開発し、世界をリードする成果を生み出すことを目指していく方針だ。

 科学技術を担う人材育成として、研究公正推進事業に新規で1億2000万円を計上し、「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン」に基づき、研究倫理教育に関する標準的プログラムや教材を作成し、競争的資金で行われる研究活動に参画する全ての研究者に研究倫理教育を実施するために支援する。

薬事日報より

受付:9:00〜18:00 (土・日・祝祭日除く) 担当:大石・吉崎

  • ISO認証・取得ライセンス一覧
  • 医療・化粧品物流ブログ
  • 医療・化粧品物流用語集
お役立ち資料ダウンロード
フリーダイヤル 0120-998-094
9:00〜18:00 (土・日・祝祭日除く)
お問い合わせはこちら
お見積・資料請求はこちら