日本医療研究開発機構に1248億円、医療研究予算2.7%増

 政府の健康・医療戦略推進本部は、4月に設立する「日本医療研究開発機構」(AMED)に投入する医療分野の研究開発関連予算をまとめた。総額は1248億円と、前年度比で2.7%の増額となった。内訳を見ると、文部科学省が最大の598億円、厚生労働省が474億円、経済産業省が177億円を計上。さらに、内閣府が計上した科学技術イノベーション創造推進費500億円のうち、35%に相当する175億円を調整費として充てる。

 医療分野の研究開発関連予算では、オールジャパンでの医薬品創出にAMED分で211億円を計上。新薬創出に向けた支援機能の強化を図ると共に、革新的医薬品等の開発を推進するほか、オールジャパンでの医療機器開発に145億円を充てる。

 臨床研究・治験への取り組みとして、革新的医療技術創出拠点プロジェクトに106億円を計上し、基礎研究段階から実用化まで継ぎ目なくシーズへの支援を実施できる拠点を充実させ、革新的医療技術の実用化を促進する。さらに、再生医療の実現化ハイウェイ構想に143億円を充て、2015年度末までにパーキンソン病や心不全等の研究課題の臨床研究への移行を目指すと共に、再生医療等製品の開発を進めるほか、疾患克服に向けたゲノム医療実現プロジェクトにAMED分として59億円を計上。臨床応用に向けたバイオバンクジャパンと国立高度専門医療研究センター等との共同研究を進める。

 疾患領域ごとの取り組みでは、癌領域のジャパンキャンサープロジェクトに162億円、脳とこころの健康大国実現プロジェクトに68億円、新興・再興感染症制御プロジェクトにAMED分として41億円、難病克服プロジェクトに96億円を計上した。

薬事日報より

受付:平日9:00-18:00  担当:福井・大石

  • ISO認証・取得ライセンス一覧
  • 医療・化粧品物流ブログ
  • 医療・化粧品物流用語集
フリーダイヤル 0120-998-094
お気軽にお問い合わせください! 平日 9:00 - 18:00 担当:福井・大石
お問い合わせはこちら
お見積・資料請求はこちら