Quality of Life “貸出医療機器物流というビジネスモデルの構築。鈴与さんの協力のおかげで立ち上げることができました” 帝人メディカルテクノロジー株式会社 小山 敬一郎 様

ご導入いただいた主な医療機器物流サービス

貸出医療機器の洗浄と配送センター業務を一箇所で実現。鈴与の貸出器械洗浄サービス
貸出器械洗浄サービスの詳細を見る

主な取り扱い機器

生体内分解吸収性骨接合材1
生体内分解吸収性骨接合材2

生体内分解吸収性骨接合材

 吸収性骨接合材等の開発・製造・販売を行っている帝人メディカルテクノロジー株式会社(以下、帝人メディカルテクノロジー)様は、配送センターサービスに加えて、医療機器の貸出・返却・洗浄サービスを鈴与株式会社(以下、鈴与)にアウトソース頂いております。
 当初、同社は医療機器の貸出、返却、洗浄に関するノウハウやシステムがないというのが大きな課題として挙げられていた中で、物流拠点の構築からシステムの開発、営業組織の立ち上げを行い、新たなビジネスモデルを実現されました。
 今回は新たに物流ビジネスを立ち上げるまでの流れ、貸出医療機器の洗浄サービスのアウトソーシング先に鈴与を選ばれた理由について、帝人メディカルテクノロジー 営業部 デリバリーチーム長の小山敬一郎様にお話をお伺いしました。

貸出・返却・洗浄の新たな物流を構築する。

―はじめに、帝人メディカルテクノロジーの会社概要についてご紹介頂けますでしょうか
小山様インタビュー

 当社は2017年7月帝人グループのヘルスケア事業領域における発展戦略を加速させるため、タキロンシーアイ株式会社のメディカル事業を買収し、設立されました。整形外科/心臓血管・胸部外科/形成・口腔外科/脳外科の多くの領域に使用される最高レベルの品質を有する吸収性骨接合材料を製造・販売しております。

 帝人グループが保有する技術・商流との結びつきを強めることにより、新たな埋め込み型医療機器の開発に挑戦していくとともに、国内メーカーとして製販一体の特徴を生かして、医療現場からの要望やアイデアを迅速に製品化できるような体制を強化させ、医療関係者の方々、患者様のQOLを向上させることを目指しております。

―今回、貸出医療機器の返却・洗浄をアウトソースすることに至った経緯を教えてください

 当社は1994年より当初から医療機器の製造・販売を行っていましたが、物流に関しては総代理店に任せていました。会社の方針や様々な背景の中で、一部の領域の医療機器に関する物流を自社で運営しなくてはならなくなったのが大きな変化点だったと思います。

 医療機器の物流を自社で行っていなかったという中で、新たに医療機器の貸出・返却、さらには洗浄という工程がある新しいビジネスモデル・物流を構築していかなければなりませんでした。整形インプラントの業界では、手術器械を病院へ貸し出すという流れが主流となっており、そうした流れに対応できるようなサービスを作っていこうとしていました。

 当時、工場を物流拠点とすることも検討しましたが、工場の立地では配送のリードタイムが長くなってしまう上に、緊急出荷に対応することができませんでした。こうした点から工場以外の場所で物流拠点を持つ必要がありました。また、物流に関するノウハウもなかったことから、物流に関してはアウトソースをするという選択肢しかなかったというのが実際のところですね。

―貸出・返却・洗浄という新しいビジネスモデルを構築するにあたって、どのような課題や困難がありましたか

 新たなビジネスだったため、医療機器の貸出業務に対応できるシステムを全く持っていませんでした。従って、システムについてはゼロから開発しなくてはなりませんでした。システムを作っていくためには、物流の流れや業務について知らなくてはなりませんでしたので、総合的に協力してもらえるパートナーが必要だったと感じています。

 また、貸出のビジネスにおける営業部隊をつくるといった組織体制を構築しなければならない、という課題もありました。10数名の人を集めて組織を作っていくというのはかなりの労力が必要でしたね。

 システムの構築や組織体制づくり、さらには物流拠点の設置という3つの課題に対して、同時並行で進めていかなくてはならなかったのは大変なことだったと思います。

ノウハウや実績・経験があるパートナーが必要だった。

―アウトソース先を選定する際の条件は、1番はノウハウがあることだったかと思いますが、それ以外にはどういった点がありましたか

 おっしゃる通り、物流のノウハウがあることが1番の条件でした。医療機器、特に整形インプラント製品の取扱実績があり、経験が豊富であればノウハウもあるでしょうし、安心してお任せできるのでは、と思いましたので、実績・経験も重視しておりました。

 それ以外の条件は、ロケーションですね。当初物流の2拠点化も考えていましたが、在庫量が2倍までとは言わないまでも1拠点の場合よりも多くなってしまいます。1拠点として考えた場合、全国への配送に対応できる立地であること、つまり羽田空港に近い東京都内の場所、というのが条件でした。羽田空港近くの場所であれば、北海道や九州までも航空便でスムーズに配送できると考えていました。

―そのような条件の中で、鈴与をアウトソース先として選んでいただいた理由を教えていただけますか

 まずは、先ほど申しあげた必要条件に当てはまっていた、ということです。鈴与さんは平和島に拠点がありましたので、羽田空港にもすぐ近い立地でしたし、都内からもアクセスがしやすい場所でしたので、何かあった時には直ぐに伺うことができるような良い立地でした。

 また、医療機器取扱に関しての品質や正確性も大事な要素の1つと考えています。私たちが1番こわいと思っているのは誤出荷や誤配送が起きてしまうことですので、正確にお客様へ届けられるオペレーション能力がある委託先がいいと思っていました。鈴与さんは、医療機器取扱の実績・経験も豊富でしたし、医療機器に特化した物流業務、デリバリー、荷扱いに関する品質・正確性については他社からの評判も良かったんです。その情報がどこまで客観的で正確なものか今となっては分かりませんが、当時はその点も考慮して選定させていただいたと思います。

新たなビジネスの始まり。効率の良い物流を目指して。

―ありがとうございます。実際に鈴与に委託したメリットや鈴与に対する評価はいかがでしょうか

 これまで経験したことのない新たなビジネスモデルを始めるにあたって、鈴与さんは非常に親身になって対応してくださいました。要件としてどのようなものが必要なのか、このビジネスの常識的なことなど、わかりやすく説明していただきましたし、さらには貸出システムのプログラムを開発する段階でもかなりご協力をいただきました。システムの部分は物流とは別の側面ですので、“物流面しかお手伝いしません”と協力していただけない会社さんもあるかと思います。鈴与さんは物流面だけではなく、それを動かすシステムも含めて一緒になって考えていただけたので、その点は大変ありがたかったと思っています。

 現状、まず誤出荷や誤配送はほとんど起きておりませんので、高品質な物流サービスを提供いただいていると思います。現場もベテランの方を配置していただいているので、まったく心配ないと感じております。

 一方で、コストの面ですが、医療機器の償還価格は殆ど上がる事はなく、また物流費の上昇が懸念される中、これからコスト削減がよりシビアになり、常に他社とのコスト比較を行うことになると思います。今後は、どのように運用を変えれば効率が上がるのか、物量が増えても同じようなコストでオペレーションできるか、という点を追及していきたいと思っていますね。

―効率の良い物流は私たちも目指していきたいところだと思っております

 そうですね。鈴与さんの方でも、物流動線を合理化していただいたり、鈴与さんで使用している在庫管理システムを開発していただいたり、物流効率化に向けた提案や改善をしていただいております。5年前と比べますと、だいたい1.5倍ほど物量が増加しておりますが、問題なく物流がまわるようになっているというのは、そうした改善が寄与しているのではないかと思っています。特に貸出した医療器械については返却から配送までのリードタイムが1~2日短縮でき、回転率が良くなりました。

 私たちが使用しているシステムの面では貸出の物流に合うようなプログラムを開発したことで逆にオペレーションが複雑になってしまい、新しい人が入るとうまくまわらないということが課題となっているんですよね。データでの取り込みを行ったり、鈴与さんから提案いただいたWEB発注システムを導入したりすることで、人に依存せずに業務を平準化できる方法に変えようと思っています。

よりアグレッシブな鈴与の改善力を。

―今後、鈴与に対して期待することはありますか

 一度委託先を決めると、コストも労力もかかるのでなかなか離れないという現状がありますよね。こうした現状にお互い甘えるのではなく、もっとシビアにコストや物流効率の改善を図っていけるような関係でいたいと思っています。先ほどコスト比較が厳しくなってくるだろうというお話もしましたが、医療機器は償還価格が決まっており2年に1回改定されるので、商品の価格が上がるということはまずありません。そうした医療機器の特性もあるので、いかにコストを抑えていくのか、物流業務の効率化に向けてアグレッシブに改善を実施していってほしいです。洗浄に関しては、今後規模を拡大して洗浄や検査のサービスやスピードを向上していただければ、鈴与さんにとってもよりアピールできるポイントとなると思います。

―ありがとうございました。
TEIJIN 帝人メディカルテクノロジー株式会社 ロゴ
会社名:帝人メディカルテクノロジー株式会社
事業内容:生体内分解吸収性骨接合材等の医療機器の開発、製造、販売
従業員数:79名
本社:大阪府大阪市北区中之島2丁目3番33号 大阪三井物産ビル13階
HP:https://teijin-medical.co.jp/

そのほかの活用事例をみる

example

“滅菌商品の「洗浄工程」はとにかく大変。
鈴与さんの迅速で親身なサポートがなければ、
滅菌商品に挑戦できなかったと思います。”

取り扱い医療機器:整形インプラント(脊椎固定システム)

株式会社 田中医科器械製作所


example

“今後とも成長し続けていくための物流が欲しい”
鈴与が培ってきた医療機器物流の知見を活用して、より
『安全で、高品質で、高い生産性』の物流インフラを実現。

取り扱い医療機器:SPT(手術準備キット)、手術用手袋
メドライン・ジャパン合同会社 代表執行役員社長 長谷川 智裕 様、
同 経理・コーポレートサービス部/物流センター部 部長 西山 彰一 様、
メドライン・ロジスティクス・ジャパン合同会社 愛西物流センター長代行
 総務人事グループ マネジャー(兼) 小椋 瑞史 様

メドライン・ジャパン合同会社

example

鈴与の豊富な取扱い実績と柔軟な対応力・
専門スタッフによるサポートにより、
課題を解決し、物流業務の一本化を実現

グローバル医療機器メーカー

その他サービス

お問い合わせ お見積・資料請求

受付:
9:00〜18:00 (土・日・祝祭日除く)
担当:大石・吉崎


鈴与の医療機器物流では医療機器に関わるあらゆる物流付帯業務に対応いたします。具体的な業務内容は、医療機器の製造・開発段階のサポートから各種試験・バリデーション、クリーンルームでの製造作業(医療機器の組立・キット化・一次包装)、滅菌サポート、包装表示などの製造作業、在庫管理・保管、倉庫・配送センター運営に至るまで、医療機器に関わる様々なお困りごとに対してサービスを提供いたします。医療機器にかかわる作業はすべて改正薬事法(薬機法)に対応した倉庫・センターで実施いたします。また、医療機器における品質マネジメントシステムの国際規格であるISO13485:2016取得済みの倉庫・センターもございます。取扱い可能医療機器はクラスⅠからクラスⅣまで、種類を問わず対応可能です。これから医療機器の製造を検討されている方も、既に医療機器の取り扱いがあり委託先を探している方も、まずは一度お問い合わせください。医療機器の専門スタッフがお客様のご要望・ご相談に対応いたします。

0120-998-094
9:00〜18:00 (土・日・祝祭日除く)