鈴与の医療機器物流ブログ
~医療機器物流・製造に関する最新情報をお届け致します~

鈴与が提供する物流関連システム

2020年11月25日(水)RSS

鈴与の医療機器トータルアウトソージングサービスの吉崎です。

今回は、鈴与が物流事業を行う中で活用しているシステム・デジタル商材についてご紹介します。
昨今はどの業界においても人材不足が課題となっていますので、物流業界においてもIT化、システム化によって作業効率をあげていくことは必要不可欠です。
鈴与では、効率の良い物流サービスを担保するためのシステムを保有・活用しておりますので、ぜひご参考にしていただければ幸いです。
※今回ご紹介する鈴与のシステムは、鈴与の倉庫・センターでのみ使用するシステムのため、システム単体での販売・ご提供はしておりません。
※コラム「医療機器物流アウトソース先比較検討5つのポイント」では、倉庫管理システムについてもご紹介していますので、ぜひこちらもご確認ください。

【倉庫管理システム】
鈴与の倉庫管理システム(Warehouse Management System:WMS)は、自社で開発したシステムです。
製品の在庫管理だけでなく、倉庫内で行う一連の入出庫作業管理などの機能を搭載したシステムになっています。
製品のロットやシリアル、有効期限などの管理機能、また入出庫のトレーサビリティ機能も備えておりますので、医療機器の保管・作業にも問題なく対応が可能です。

【在庫状況照会システム】
鈴与の倉庫管理システムで管理している在庫情報をWEB上で確認いただけるシステムです。
倉庫管理システムをご利用いただいているお客様へ提供するサービスとなっております。
インターネット環境さえあればどこでも在庫情報(在庫数量、在庫ステータスなど)が分かるので、倉庫担当者にわざわざ確認をするという手間が省けます。

【WEB発注(手配)システム】
WEB発注(手配)システムは、主に受注入力担当者が行う「倉庫への出荷指示データ作成にかかる業務」を効率化できるシステムです。
多くの企業様における注文を受けてから製品出荷までの流れは、以下のようになっているのではないでしょうか?
①営業担当者が納品先からの注文を受ける
②注文を受けた営業担当者は、別の受注管理担当者等に受注情報を連絡する
③受注管理担当者が受注情報を販売管理システムに入力
④入力した情報を倉庫へ出荷指示データとして送付する
WEB発注(手配)システムを導入すると、営業担当者がこのシステムに直接、受注情報を入力することができ、
その入力された情報が倉庫への出荷指示データとして倉庫管理システムへ連携されますので、
受注担当者が出荷指示の情報を入力する手間を省くことができます。

このように鈴与では、システムを活用した効率の良い物流サービスを提供しております。
現在使用しているシステムに関して課題のある方は、ぜひ一度お問い合わせください。

鈴与が提供する医療機器物流サービス一覧については、サービスラインナップよりご確認いただけます。

サービス一覧バナー(新)

鈴与株式会社 メディカルロジスティクス事業部 吉崎

愛知県出身。入社後、海貨事業・国際物流の分野において、輸送機器メーカー様の製品を世界各地へ輸出する、輸出手配のサポートや通関業務に携わる。その後、異分野である当部署へ異動し、医療機器物流の営業担当として活動。

0120-998-094

新型コロナの影響による物流対応

2020年11月18日(水)RSS

こんにちは、鈴与の医療機器トータルアウトソーシングサービスの吉良です。

新型コロナウィルスの感染者数が全国で再び増加傾向にある中ですが、皆様のお仕事、私生活への影響はいかがでしょうか。
道行く方がマスクをしていないことも徐々に増えている場面も見られ、「気の緩み」を感じますが、改めて、公私ともに感染対策を徹底していくことが肝要です。

さて、そんな中、医療機器関連企業にお勤めの方におかれましては、引き続き、医療機器物流においてもお困りのことがあるかと思います。

・コロナ前に発注した製品が、工場がストップしていたため納品遅延していたが、このタイミングになって大量に入荷し倉庫に入りきらない…!
・コロナが下火になるにつれ急に需要が伸びて、倉庫からの出荷が追い付かない!
・コロナの第3波後に備えて保管、出荷のバッファが欲しい!
等等。

コロナの完全収束までに、これからどれだけの時間が必要となるのかどうかは、誰にも分かりません。
今の目の前の変化に対応することで必死…、という方々も多くいらっしゃるかと思いますが、
中長期的に事態を見て、現在の物流体制見直し、各種アウトソースご検討のきっかけにしてみてはいかがでしょうか?

当社はISO13485認証を取得した倉庫・物流センターを運営しており、短期・スポットでの保管から、エンドユーザー様への出荷対応まで、
お客様のご要望に応じた幅広いご対応が可能でございます。
医療機器倉庫・物流センターのご紹介はコチラをご参照下さい。

医療機器物流のアウトソースに関するお問い合わせはコチラまでお気軽にご連絡下さい。

サービス一覧へのバナー

鈴与株式会社 メディカルロジスティクス事業部 吉良

静岡県出身。入社後5年間新卒採用業務に携わった後、異分野である当部署へ異動。新規医療機器配送センター立上げ支援や品質保証課でISO13485認証取得推進、御殿場センター、平和島第一、第二センターの所長を務め、現在は営業担当として活動。

0120-998-094

鈴与の医療機器物流サービスの「活用事例/お客様の声」

2020年11月11日(水)RSS

鈴与の医療機器トータルアウトソーシングサービスの大石です。

今回は、鈴与のHPコンテンツの中でもアクセス数の高い活用事例/お客様の声」についてご紹介いたします。

活用事例のページでは、現在鈴与の医療機器物流サービスをご利用頂いているお客様にインタビューを実施し、
サービスをご利用いただくにあたっての経緯や、実際にサービスをご利用いただいた後の変化や効果についてお話をお伺いしております。
実際に鈴与の医療機器物流サービスをご利用いただき、ご活用いただいているお客様の”生の声”が掲載されておりますので、
是非ご参考いただければと思います。

活用事例としてご紹介しておりますお客様に、ご利用いただいているサービスも、
医療機器配送センターサービス
医療機器製造業(無菌バリア包装)
医療機器製造業(包装表示保管)
貸出器械洗浄サービス
と様々なサービス事例がございますので、
これらに課題をお持ちであれば、ご参考いただける内容になっているかと思います。

活用事例/お客様の声」にてご紹介しております事例はほんの一部です。
鈴与では、2006年より医療機器製造業許可(当時)を取得し、
これまで数多くの医療機器製造販売業者様とお取引の実績を積み重ねてまいりました。
その中で、お客様の様々な課題に対して柔軟に対応すべくご提案を模索してきた結果、
今日の幅広いご提供サービスラインナップと、豊富な実績があると考えております。

医療機器物流、メディカルロジスティクスに課題をお持ちであれば、
是非一度”鈴与の医療機器トータルアウトソーシングサービス”に、お問い合わせください。

サービス一覧バナー(新)

鈴与株式会社 メディカルロジスティクス事業部 大石

静岡県出身。入社以来、現場担当としてメディカル関連企業の物流に携わる。平和島センター、御殿場センターにて責任技術者を経験。現在は医療機器物流の営業担当として活動。

0120-998-094

ブログ 過去記事一覧

受付:9:00〜18:00 (土・日・祝祭日除く) 担当:大石・吉崎

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

月別の記事

0120-998-094
9:00〜18:00 (土・日・祝祭日除く)