医療 : アルツハイマー予防物質を特定…滋賀医大チーム

2014年06月30日(月)RSS

医療・化粧品物流.comの寺田です。

人の脳内にある特定のたんぱく質が、認知症の中で最も多いアルツハイマー病の発症を抑えることを突き止めたと、滋賀医大の西村正樹准教授らのチームが発表した。

病気の仕組みの解明や、このたんぱく質を用いた、新たな治療薬の開発につながる可能性があるという。科学誌ネイチャーコミュニケーションズに掲載された。
アルツハイマー病は、原因となる有害物質「アミロイドβ(ベータ)」が脳内に蓄積して神経細胞を傷つけ、記憶障害などを引き起こす。

発表によると、チームは亡くなったアルツハイマー病患者の脳組織に含まれるたんぱく質を、正常な人の脳と比較。その結果、患者の脳では「ILEI」というたんぱく質が半減していることが分かった。アルツハイマー病のマウスに、このたんぱく質が増える遺伝子操作を行うと、操作をしない場合に比べ、脳内のアミロイドβが3~6割減少。迷路で記憶力を測るテストの成績では、正常なマウスと差がなかったという。

チームによると、このたんぱく質は、アミロイドβの元になる物質を分解するらしい。西村准教授は「何らかの原因でILEIが減ると、アミロイドβが作られ続けて蓄積し、発症に至るのではないか」と話す。読売新聞(ヨミドクター) 6月16日(月)

鈴与株式会社 メディカルロジスティクス事業部 寺田

神奈川県出身。鈴与入社以来、海外との輸出入、自動車部品物流、各種流通加工、医療現場の廃棄物物流、国内物流センター営業などの経験を経て、3年前より医療機器物流の営業担当となる。

TEL : 0120-998-094

化粧品 : 化粧品通販

2014年06月27日(金)RSS

医療・化粧品物流.comの天羽です。

今日は健康産業新聞の記事をご紹介いたします。

= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = 
14年上半期の人気受注アイテムでは、「美容液」が2 位の「化粧水」を13ポイントも離し、ダントツの1 位となった。

また、前年6 位だった「ヘアケア」は3位に躍進。
下半期の予想では2 位で、更なる伸びが予想されている。
天然植物・オーガニック素材のカラートリートメントや、ノンシリコンシャンプーなどに代表される
ナチュラル志向製品のほか、大手メーカーからも新製品投入が相次いでいるスカルプケア商材などの
需要増が影響しているようだ。

スカルプケア商材は、若年層に向けた商品や高機能商品の投入が進み、市場が拡大している。
富士経済の報告によると、女性用スカルプケアの13年市場規模は12年比7.0%増の169億円。
14年はさらに5.3%増の178億円と推計。
男性用に関しても、14年の市場規模は13年比6.7%増の240億円が見込まれるとしている。

このほか、「パック」、「洗顔」、「クレンジング」、「石鹸」、「UVケア」など夏に向けた素肌ケア商品がランクイン。
「UVケア」商材では、昨年1 月に表示が解禁となった「PA++++」処方での開発依頼が増えているようだ。

健康産業新聞1534号(2014.6.18)より一部抜粋
= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = 

オーガニック製品はあいかわらず人気のようですね!
その一方でたしかに最近スカルプケアもよく見かけるようになったと感じます。
コマーシャルやWeb広告なんかが多いですね。
男性用に関しては6.7%、女性用に関しても5.3%増が見込まれているとのこと。
やはり今後も成長が期待できる分野ですね。

化粧品の分野で新たにビジネスを始める方も増えているようです。
通販市場も伸びていますし、よりよい製品が身近になるといいなと思います。

鈴与では医療機器や化粧品(輸入)といった薬事ライセンスを利用したオペレーションだけではなく
ライセンスを使わない、様々な商品の通販物流も得意としています。
通販については、専用サイト 鈴与の通販フルフィルメントサービス がありますので
ご興味のある方はぜひご覧ください。

その他にも現在の物流でお困りの点、疑問に思っている点、またこんな場合はどうなるの?といったご相談がありましたら、
ぜひ医療・化粧品物流.com(メール、フォーム、またはお電話)へお気軽にお問い合わせください。
お待ちしております!

鈴与株式会社 DC・倉庫営業推進室 天羽

秋田県出身。前職より、国内物流センター立ち上げ、営業を経験。現在の業務の一部として、医療・化粧品物流.comのサイト運営を担当しながら化粧品製造業許可を活用した物流提案営業に取り組んでいる。

TEL : 0120-998-094

医療 : STAP有無「結論まだ早い」 理研再生研の竹市氏

2014年06月23日(月)RSS

医療・化粧品物流.comの寺田です。

色々と、もめておりますSTAP細胞ですが
本当であって欲しいですね・・・・

STAP細胞論文の問題で、小保方(おぼかた)晴子ユニットリーダーが所属する理化学研究所の発生・再生科学総合研究センター(CDB)の竹市雅俊センター長が16日、朝日新聞社の取材に応じた。STAP細胞の存在を揺るがす指摘が相次いでいるが、「結論を出すのはまだ早い」と述べた。提言されたCDBの解体については「解体ではなく、執行部を一新してやり直した方が、建設的な改革ができる」と訴えた。

STAP細胞をめぐっては、別の万能細胞であるES細胞だったことを疑わせる遺伝子解析の結果が次々出ている。

竹市氏は、STAP細胞として公開されている遺伝子データに、ES細胞を培養したときに生じることがある染色体異常が見つかったとの指摘について「解析自体は科学的に正しい」と認めた。その上で、「論文に掲載したデータの扱いが適切ではなかったため、遺伝子解析の根拠となった細胞が、どこから来た何の細胞だったのかなど未解明な点がまだ多い」として、STAP細胞の存在の有無は「まだ結論を出せない」と答えた。CDBは、保管している細胞などの遺伝子解析を続けているという。

 最終的な結論は「検証実験の結果を待つしかない」と語った。検証実験は、小保方氏と連絡を取り合って進められているとし、いずれ小保方さんに参加してもらう方針という。8月までには中間報告を出すとしている。
(朝日新聞社)

鈴与株式会社 メディカルロジスティクス事業部 寺田

神奈川県出身。鈴与入社以来、海外との輸出入、自動車部品物流、各種流通加工、医療現場の廃棄物物流、国内物流センター営業などの経験を経て、3年前より医療機器物流の営業担当となる。 最近は医療機器の物流に流通加工のノウハウを取り込んだ、新しいサービスの構築をメインテーマに活動している。

TEL : 0120-998-094

医療機器物流 : 物流改善⑤

2014年06月18日(水)RSS

医療・化粧品物流.comの鍵谷です。

前回に引き続き今回も物流改善のお話です。

前回まで作業改善の原則や着目点についてのお話をしました。
その中でも特に大きな改善効果を出すにはいかに「ムダ」を排除できるか?といういう事になります。

例えば、毎日10名の作業員で9時から17時まで投入しているとして、その作業を一人当たり1時間に100処理できるとします。

10人で1時間当たり1000処理できる計算になります。

もし9時~17時まで常に一定の作業ボリュームがあれば 各作業者は手待ちもなく、また処理しきれずにオーバーフローする事もなく
順調に作業を処理する事ができますが、仮にある時間帯に処理するべき作業が500しかなかったり、またある時間には一気に2000あったり
すると作業者に「ムダ」が生じていしまいます。

作業生産性の標準と実際の入荷の波を捉えて 「ムダ」の無い処理を行うには一つとして入荷物量を平準化させる入荷調整ができると
良いですが、そういう対策が取れない場合は、複数の業務のそれぞれの繁閑の状況をみて各作業場所の人員調整を行う事で「ムダ」を
排除する事ができます。

鈴与では様々なお客様の物流センターの運営を行って様々なサービスをご提供しています。
現在の物流でお困りの点、疑問に思っている点等々物流に関するご相談がありましたら、
ぜひ医療・化粧品物流.com(メール、フォーム、またはお電話)へお気軽にお問い合わせください。

鈴与株式会社 メディカルロジスティクス事業部 鍵谷

兵庫県出身。マテハンメーカーで物流会社向けの提案営業を経験。その後、前職の物流会社では主に小売業向けDC・TCセンター等の3PL提案営業とセンター運営管理を行っていた。昨年秋より医療機器物流の担当となる。

TEL : 0120-998-094

化粧品 : 化粧品物流と波動対応

2014年06月11日(水)RSS

医療・化粧品物流.comの天羽です。

関東も梅雨入りしましたね。
先日の激しい雨に、自宅の観葉植物の葉っぱが切れてしまうのではないかと
ハラハラしていましたが、すべて無事でほっとしました。
雨が振り続けるだけでなく、なんだか最近の雨は勢いが強いような気がします。

外出先での急な雨など、ケガをしないように対処したいですね。
特にゲリラ豪雨は急激な水位上昇や浸水などが懸念されますので、油断せず
危険回避の行動に出ていただきたいと思います。

春から夏に向かう今くらいの季節は、皮脂や汗の量が増えたり、空気が乾燥したり、
日中の気温差が大きくなったり、花粉の飛散、紫外線も増加するなど肌にとっての
大きな環境変化が起こり、肌トラブルが増えるようです。

そのせいか、化粧品業界の繁忙期の一つとされています。

鈴与の倉庫では、化粧品に限らず季節性の波動がある製品を扱っています。
業務量の波動に対応し、常に最適人員で作業できるよう人数の調整を行っています。

月の中でも月末月初で波動があるもの、週の中で曜日ごとにあるもの、1日の中でも
出荷指示が送られてくる時間が複数回あるもの、等いろんな条件で波動は生まれています。
それに加えて作業者の方の突発的な欠勤等、荷物の波動だけでなく人員にも波動が
発生します。

そのため、季節といった大きな流れの中だけでなく1日の中で数回の頻度で人員調整を行っています。
もちろん、仕事量を正確に把握し、早めの要員計画を行うことで残業削減、余剰人員削減を
図っていますが、1日の中で各作業の進捗を把握し、状況に応じて人員配置の変更を実施
することで、必要最低限の要員での運用を実現するよう努めています。

またいろいろな種類の貨物を扱うことで繁忙期にズレが生じ、年間を通じて平準化することが
できるのも強みです。

鈴与での波動対応の一部をご紹介しました。
波動対応にお悩みのお客様、それ以外の物流のご相談ごとがあるお客様、
ぜひ医療・化粧品物流.com(メール、フォーム、またはお電話)へお気軽にお問い合わせください。
お待ちしております!

鈴与株式会社 DC・倉庫営業推進室 天羽

秋田県出身。前職より、国内物流センター立ち上げ、営業を経験。現在の業務の一部として、医療・化粧品物流.comのサイト運営を担当しながら化粧品製造業許可を活用した物流提案営業に取り組んでいる。

TEL : 0120-998-094

医療機器 : 6月12日 日本照射サービスの滅菌セミナーで 医療機器の包装・保管サービスについてお話させていただきます。

2014年06月11日(水)RSS

医療・化粧品物流.comの寺田です。

6月12日 日本照射サービスの滅菌セミナーにて【医療機器の包装・保管サービスについて】と題しましてお話をさせていただく機会をいただきました。

HPではお伝えしていない、弊社の新しいサービスをご紹介させてただき、滅菌と包装との関わりなどについて30分ほどお話をさせていただきます。

う~緊張してきた。

鈴与株式会社 メディカルロジスティクス事業部 寺田

神奈川県出身。鈴与入社以来、海外との輸出入、自動車部品物流、各種流通加工、医療現場の廃棄物物流、国内物流センター営業などの経験を経て、3年前より医療機器物流の営業担当となる。 最近は医療機器の物流に流通加工のノウハウを取り込んだ、新しいサービスの構築をメインテーマに活動している。

TEL : 0120-998-094

医療機器物流 : 物流改善④

2014年06月06日(金)RSS

医療・化粧品物流.comの鍵谷です。

今回も引き続き物流改善についてお話します。

前回、改善を考える上での基本的な考え方について書かせて頂きましたが、その着目点について今回はお話します。 

日々作業を行っているとどうしても現状の作業が当たり前と思いがちですが、下記の様な着目点で改めて現場を見てみると

何か発見があるかもしれません。

①排除・・・・それはやめられないか
②正と反・・・・逆にしたら
③正常と例外・・・例外にしたら
④定数と変数・・・・変わるモノ・変わらないモノ
⑤拡大と縮小・・・大きくしたら・小さくしたら
⑥集約と分散・・・集めたら・分散したら
⑦結合と分散・・・結合したら・分散したら
⑧付加と削除・・・加えたら・削除したら
⑨平行と直列・・・平行にする・直列にする
⑩入れ替え・・・順序の入れ替え
⑪差異と共通・・・違うところ・共通なところ
⑫充足と代替・・・手持ちの利用

現場の状況は日々変化していくものですから、こういった観点で現場の各工程を改めて見てみると改善のヒントが色々見つかるかもしれません。

鈴与株式会社 メディカルロジスティクス事業部 鍵谷

兵庫県出身。マテハンメーカーで物流会社向けの提案営業を経験。その後、前職の物流会社では主に小売業向けDC・TCセンター等の3PL提案営業とセンター運営管理を行っていた。昨年秋より医療機器物流の担当となる。

TEL : 0120-998-094

化粧品 : 医療機器・化粧品物流とスマートデバイス

2014年06月03日(火)RSS

医療・化粧品物流.comの天羽です。

今日は先月末の日経新聞記事をご紹介します。

=======================================

2014年5月31日「お薬手帳、電子化で便利に」(日本経済新聞)

薬の履歴をまとめた「お薬手帳」をスマートフォン(スマホ)で管理するのが「電子お薬手帳」。
薬を飲む時間を知らせるなど電子版ならではの便利な機能を満載したアプリが続々登場している。
利用できる薬局が少ないのが弱点だったが、この春、薬局などの情報端末が更新され、
全国で薬のデータを取り込める体制づくりが始まった。

=======================================

めったに病院に行かない人は、お薬手帳の出番も少ないでしょうから、手帳を使った
薬の管理は現実的には難しいのかな、と思っていました。
でもアプリで管理できるなら、便利ですね!しかも服薬時間をタイマーで知らせてくれるので
飲み忘れを減らせるというのは、スマートフォンならではのメリットだと思います。

他には

・1台のスマートフォンで複数の人の手帳を管理できる
・数年分のお薬情報を保管できる
・薬名からお薬の内容をネットで検索できる

こんなメリットがあるそうです。(※アプリによっては使えない機能もある)

飲み忘れ対策も大事ですが、合わないお薬があった場合、それを記録できるのも便利だと思います。
スマートフォンの急速な普及に伴い、どんどん進化して便利になっていきますね。

これは、物流においても同じ現象が起きています。
各社でオペレーションにスマートフォン・タブレット端末といったスマートデバイスを組み込み効率化を
図る動きがあります。特にピッキングや検品といった庫内作業の効率化およびハンディ端末や
車載器の代用によるコストダウンといったことが期待されています。

鈴与ではハンディ端末とタブレット端末を組み合わせた検品作業を実施しています。
バーコードを読み取ると、タブレット画面に商品画像が出てきます。その画像と実際の商品を
見比べながら細かい部分まで検品することが可能です。
検品エラーや数量エラーもわかりやすく表示されますので、作業をストップする頻度が少なくなります。

今後もスマートフォンやタブレットの有効活用を考え、オペレーションに取り入れて
より効率の良い医療機器物流・化粧品物流を実現していきたいと思っています。

現在の物流でお困りの点、疑問に思っている点、またこんな場合はどうなるの?といったご相談がありましたら、
ぜひ医療・化粧品物流.com(メール、フォーム、またはお電話)へお気軽にお問い合わせください。
お待ちしております!

鈴与株式会社 DC・倉庫営業推進室 天羽

秋田県出身。前職より、国内物流センター立ち上げ、営業を経験。現在の業務の一部として、医療・化粧品物流.comのサイト運営を担当しながら化粧品製造業許可を活用した物流提案営業に取り組んでいる。

TEL : 0120-998-094

ブログ 過去記事一覧

受付:平日9:00-18:00  担当:福井・大石