医療 : ギニアでエボラ感染拡大、原因と対策は

2014年03月31日(月)RSS

医療・化粧品物流.comの寺田です。

エマージングウイルスがまた猛威をふるっているようです。

怖いですね~ 

西アフリカのギニアでエボラ出血熱が流行、既に60人以上が死亡している。感染域はジャングルから首都コナクリに到達し、報道によれば、隣国のリベリアやシエラレオネにも拡大している。原因のウイルスは血液などの体液を媒介に伝染。進行すると、発症者の口腔や鼻腔、消化管などから激しく出血する。世界保健機関(WHO)によると治療法は確立されておらず、致死率は90%に達する場合もあるという。ニューヨークにあるコロンビア大学メイルマン公衆衛生大学院、ジョン・スノウ冠教授(疫学)のイアン・リプキン(IanLipkin)氏に話を聞いた。

◆ヒトはどのように原因ウイルスと接触するのでしょうか?
 コウモリや霊長類など、発症した動物が感染源と考えられます。ヒトへの流行以前に、近隣地域でゴリラなどの類人猿が死亡するケースも確認されています。ただし今回は、霊長類の死亡に関する情報はまだありません。

◆動物からヒトに伝染する原因は?
 最初の感染は野生動物の肉が媒介しました。コウモリや霊長類をタンパク源として食用処理する過程で、動物の血液に触れることになります。

◆ヒトからヒトへ伝染する経路は?
 簡単には伝染しません。しかし、ある地域には、葬儀の準備で遺体を手で洗うという風習があります。魂を来世に送るための愛情深い方法なのです。こ のような行為を通じて患者の体液に非常に接触しやすくなり、感染してしまうんですね。基本的に空気感染しないウイルスなので、遺体を洗う行為に歯止 めがかかれば、流行のコントロールは比較的容易と言えるでしょう。

◆性的接触ではどうでしょう?
 一部には性行為による伝染の証拠もありますが、大きな問題とは思いません。主な原因は、感染した動物の肉食と葬儀の習慣です。

◆今回のケースでは、ウイルスがギニアの地方から首都へ、さらに国境を越えて広がっているようです。
 そこが通常とやや異なる点で、ヒトがキャリアになっていると見られます。エボラ出血熱の流行は、野生動物の肉と接触するジャングルや地方で発生するのが一般的です。
  今後、疫学的調査を行えば、どのように国境を越えたのか興味深い事実が判明することでしょう。遺体の搬送も、有力な拡大原因の1つです。ある地域で誰かが亡くなった場合、関係者が現地で遺体の世話をすれば、それ以上は感染が拡大しません。埋葬のために遺体をほかの場所に搬送したり、都市部の人間が地方の葬儀で往復するような場合、感染が広がる可能性があります。

◆エボラ出血熱は必ず死に至るのですか?
 回復するケースもありますが、極めて危険な感染症です。感染の兆候を示した患者の大部分は死亡しています。

◆治癒は可能でしょうか?
 まだ有効な治療薬はありませんが、研究が進められています。

◆ワクチンは効果がありますか?
 ワクチンは基本的に、大規模な感染症の予防のために用いられます。有効なワクチンがある場合でも、使用には常に潜在的なリスクが伴います。それよりも、患者の治療法をオンラインで公開する方が効果的ですね。回復した患者から採取した治療抗体も重視されています。ワクチンの迅速な作成や、ウイルスの自己複製を抑える医薬品開発につながるためです。まだ流通している薬はありませんが、一部の動物実験では、ワクチンを接種して発症を抑えた例があります。

◆今回の流行はいずれは阻止されるでしょうか?
 通常は、国境なき医師団のような国際団体が現地に入り、地域を封鎖します。さまざまな診断検査でスクリーニングを行い、感染者を特定します。葬儀の習慣のような行為があれば、やめるように指示します。このようにしてパンデミックが抑えられるのです。しかし報道によると、今回は期待どおりには抑えられていません。多くの犠牲者が出るかもしれませんが、自然治癒性の流行であるよう願っています。既に死者は60人を上回っており、予断を許さない状況ですが。
Marc Silver, National Geographic News

鈴与株式会社 メディカルロジスティクス事業部 寺田

神奈川県出身。鈴与入社以来、海外との輸出入、自動車部品物流、各種流通加工、医療現場の廃棄物物流、国内物流センター営業などの経験を経て、3年前より医療機器物流の営業担当となる。 最近は医療機器の物流に流通加工のノウハウを取り込んだ、新しいサービスの構築をメインテーマに活動している。

TEL : 0120-998-094

医療機器物流 : SCMと物流センターの役割

2014年03月27日(木)RSS

医療・化粧品物流.comの鍵谷です。

今回は物流センターの役割についてのお話です。

商品の生産から消費者までへの流れを1本の鎖に捉えてサプライチェーンと言います。このサプライチェーン全体を統合的に管理して全体の流れをスムーズに効率よくする手法をSCM(サプライチェーンマネジメント)と言います。

SCMとは商品の生産から消費者の手に渡るまでの中で製造業・卸・小売といった各企業同士が情報を共有化して全体の最適化を図ることになります。この情報を共有化していくためには、各段階でのそれぞれの物流センターでの商品の在庫管理をきちんと行う事、そしてシステム面での連携が取れる事が大切になってきます。そうする事で初めて在庫の削減と品切れの防止が両立し顧客満足を高める事が出来ます。

鈴与では様々なお客様の物流センターの運営を行って様々なサービスをご提供しています。現在の物流でお困りの点、疑問に思っている点等々物流に関するご相談がありましたら、ぜひ 医療・化粧品物流.com(メール、フォーム、またはお電話)へお気軽にお問い合わせください。

鈴与株式会社 メディカルロジスティクス事業部 鍵谷

兵庫県出身。マテハンメーカーで物流会社向けの提案営業を経験。その後、前職の物流会社では主に小売業向けDC・TCセンター等の3PL提案営業とセンター運営管理を行っていた。昨年秋より医療機器物流の担当となる。

TEL : 0120-998-094

化粧品 : 1か月のスキンケアにかける金額は?

2014年03月25日(火)RSS

医療・化粧品物流.comの天羽です。

今回は面白いアンケートを見つけたのでご紹介したいと思います。
小学館の雑誌「美的」からのアンケートです。

回答者:『美的』読者3,246人/平均年齢31.9歳

Q.1か月のスキンケアにかける金額はいくらですか?
平均¥11,120くらい

Q.ベーシックアイテムを選ぶ際に最も重視するポイントは?
1位:機能 48.1%
2位:口コミ 17.7%
3位:ブランドの信頼感 7.6%

Q.スキンケアコスメはどのくらいの頻度で替えますか?
1位:肌に合っていれば替えない 51.9%
2位:使い終わって次を買うときは違うものを購入 18.1%
3位:季節ごとに替える 15.6%

Q.スペシャルケアアイテムを選ぶ際に最も重視するポイントは?
1位:機能 48.5%
2位:口コミ 20.7%
3位:価格 7.2%

Q.スキンケアコスメの中でいちばん投資しているアイテムは?
1位:美容液 38.4%
2位:化粧水 21.1%
3位:クリーム 10.1%
4位:洗顔 8.0%
5位:マスク 5.1%

Q.同じブランドのシリーズでライン使いしていますか?
している人が約37%

Q.肌悩みを解決するために投資している費用は?
平均 ¥17,000くらい

スキンケアや肌悩みの解決のための投資、というのにはエステなどが入っているのかも
しれないので、すべてが化粧品とは言い切れませんが、個人的には予想通り、高額だなと思いました。
さすが不況にも比較的強いと言われる化粧品業界。
コスメフリーク、コスメジプシーなど、化粧品を次から次へと購入する方々もいらっしゃるようです。
いろんな化粧品を試してみたいと思う一方で、上のアンケートからは「肌に合っていれば変えない」派が半数以上と
なっています。これだけたくさんの種類が販売されていますので、運命の1本に出会うのはなかなか
大変なのかもしれませんね。

新しい化粧品を楽しみにされているお客様のためにも、適切な環境で保管し、きっちり管理、
丁寧にピッキング・梱包を行い、素早く届ける。そんなオペレーションを常に心がけています。
化粧品販売を行っている事業者様には、ぜひ当社倉庫の視察を行っていただき
丁寧で素早い作業を実際に見ていただけたらと思います。

現在の物流でお困りの点、疑問に思っている点、またこんな場合はどうなるの?といったご相談がありましたら、
ぜひ医療・化粧品物流.com(メール、フォーム、またはお電話)へお気軽にお問い合わせください。
お待ちしております!

鈴与株式会社 DC・倉庫営業推進室 天羽

秋田県出身。前職より、国内物流センター立ち上げ、営業を経験。現在の業務の一部として、医療・化粧品物流.comのサイト運営を担当しながら化粧品製造業許可を活用した物流提案営業に取り組んでいる。

TEL : 0120-998-094

医薬品 : がん検査薬など市販解禁 政府方針 来年度にも3品目

2014年03月24日(月)RSS

医療・化粧品物流.comの寺田です。

政府が、調剤機能のないドラッグストアなどで販売されている「一般用検査薬」として、がんなどの兆しを調べる尿潜血検査薬、便潜血検査薬と、不妊治療に使用する排卵日検査薬の3品目を認可する方針を固めたことが、22日分かった。

早ければ平成26年度中にも市販が開始される。新たな一般用検査薬は平成4年に認可された妊娠検査薬以来となる。簡単に買える一般用検査薬の普及によって、体調管理や病気の予防に活用し医療費抑制につなげる狙いがある。

尿潜血検査薬や便潜血検査薬は、採取した尿や便に血液が混ざっていないかを判断する薬。血液が混ざっている場合は、臓器の炎症や腫瘍の存在が疑われ、精密検査につなげられる。排卵日検査薬は、採取した尿に含まれている女性ホルモンの変化から排卵日を予測する薬。欧米では主に不妊治療目的で一般用検査薬として市販されている。

日本では、これらの検査薬は、販売規制の厳しい医療用検査薬に分類され、購入するには処方箋の提示が必要だった。近年は採血技術や検査機器の精度向上を背景に、欧米では、がんや鬱病など幅広い分野の一般用検査薬が販売されている。

これに対し、日本では製薬会社などが規制緩和を要望してきたが、厚生労働省が「誤診の恐れがある」と慎重姿勢を崩さず、新規認可が見送られてきた。政府が昨年6月に策定した成長戦略では「病気の予防や健康管理の推進」を掲げており、規制改革会議が厚労省に一般用検査薬の品目拡大を求めていた。これを受け同省も、一般用検査薬の品目拡大を容認した。

規制改革会議が一般用検査薬への転換を目指しているのは49品目。厚労省は検査の結果、病気や体調の変化の有無が容易に判断できる検査薬を優先的に審査し、認可する方針だ。今回の3品目は、厚労省の方針にも合致しており、早ければ来年度中にも一般用検査薬として認可、販売される見通しだ。厚労省は有識者会議を立ち上げ、認可のルール作りや使用者が結果を誤って判断しないための情報提供も併せて検討を進める。(産経新聞)

鈴与株式会社 メディカルロジスティクス事業部 寺田

神奈川県出身。鈴与入社以来、海外との輸出入、自動車部品物流、各種流通加工、医療現場の廃棄物物流、国内物流センター営業などの経験を経て、3年前より医療機器物流の営業担当となる。 最近は医療機器の物流に流通加工のノウハウを取り込んだ、新しいサービスの構築をメインテーマに活動している。

TEL : 0120-998-094

医療機器物流 : 物流機器④

2014年03月20日(木)RSS

医療・化粧品物流.comの鍵谷です。

引続き今回も物流機器についてお話いたします。
前回までにご紹介しましたように、物流センターで商品が入荷→保管→ピッキング→出荷という流れの中で、
これらの作業をそれぞれ機械による自動化で行うか?それとも人手によるマニュアル対応で作業を行うか?
検討する必要があります。

商品の大きさ・入出荷の頻度・入出荷の単位(バラ単位?ケース単位?パレット単位?)等々
それぞれの条件によって全て自動化で行った方が良いのか?それとも一部だけ機械化して半自動化で行うのが良いのか?
あるいは人手による完全なマニュアル対応が良いのか?を判断しなければなりません。

一概に言えることは、機械による自動化を行えば生産性は一定で作業ミスも無くす事ができますが、
逆に機械の能力が最大処理能力なので突発的な物量の増加には対応できませんし、
全体的な物量が増えてきた時には機械の増設や更新も必要になってきます。

一方、人手による対応は、生産性も作業者の能力に左右されますし、作業手順を明確にしていても
作業ミスが完全に0にする事は難しいです。しかし、人手の確保が出来れば突発的な物量の増加にも対応できます。

それぞれにメリットとデメリットがある中で、何に重点を置いて設備を導入するか?
その設備での対応キャパを超えた時にどういった対応で乗り切るかといった対応まで検討した上で
検討を進めなければ、高額なマテハン設備を導入しても現場が大混乱に陥る事になってしまいます。

鈴与株式会社 メディカルロジスティクス事業部 鍵谷

兵庫県出身。マテハンメーカーで物流会社向けの提案営業を経験。その後、前職の物流会社では主に小売業向けDC・TCセンター等の3PL提案営業とセンター運営管理を行っていた。昨年秋より医療機器物流の担当となる。

TEL : 0120-998-094

医療機器 : 身近な医療機器1

2014年03月18日(火)RSS

医療・化粧品物流.comの天羽です。

今回は身近な医療機器についての記事です。

「医療機器」とは薬事法で「人若しくは動物の疾病の診断、治療若しくは予防に使用されること、又は
人若しくは動物の身体の構造若しくは機能に影響を及ぼすことが目的とされている機械器具等」と
定義されています。

つまり、分かりやすく整理すると医療機器とは下記のようになります。

①人間か動物に用いられるものに限られる
②疾病の診断・治療・予防に使用されることが目的とされている機械器具等
③身体の構造・機能に影響を及ぼすことが目的とされている機械器具等

というわけで、医療機器はまず人間用と動物用に分かれます。
その後それぞれ目的別に分かれ、人間用の医療機器では、メスやピンセットのような小物類から、体内に
植え込む治療用の心臓ペースメーカ、CTやレントゲン装置、放射線治療装置などの大型のものまで、
現代においては実に多種多様なものが製造されています。
その中でも特に身近な医療機器には、コンタクトレンズ、救急絆創膏、体温計や電子血圧計、家庭用マッサージ器などがあげられます。

失明の危険性が指摘された、カラーコンタクトレンズ問題、ありましたね。
カラコンはコンタクトレンズですから医療機器ですが、おしゃれ目的で度なしを使用している方々にとっては
化粧品の認識に近いかもしれません。
でも厚生労働省のサイトではしっかり、下記のように記事がでています。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
おしゃれ用カラーコンタクトレンズは薬事法の規制対象となります。
平成21年11月4日より、視力補正を目的としないカラーコンタクトレンズ(以下、おしゃれ用カラーコンタクトレンズ)については、
視力補正用コンタクトレンズと同じように高度管理医療機器として薬事法の規制対象となります。
これに伴い、おしゃれ用カラーコンタクトレンズの製造・輸入にあたっては厚生労働大臣の承認が、販売にあたっては
都道府県知事の販売業の許可、販売管理者の設置が義務づけられます。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

未承認のカラーコンタクトレンズでも個人輸入ができたり、雑誌に広告も出稿できたりするようです。
使用される方は眼科を受診の上、安全性を考慮して、厚生労働省承認のものを選ぶようにして頂きたいですね。

鈴与では医療機器の製造業許可を取得し、管理・運営の実績を積んできています。
また更新されていく規制や法令の最新情報を常に学び、遵守を徹底しています。
それらを踏まえ、保管に最適な環境を実現し、確かな物流品質でお届けします。

現在の物流でお困りの点、疑問に思っている点、またこんな場合はどうなるの?といったご相談がありましたら、
ぜひ医療・化粧品物流.com(メール、フォーム、またはお電話)へお気軽にお問い合わせください。
お待ちしております!

鈴与株式会社 DC・倉庫営業推進室 天羽

秋田県出身。前職より、国内物流センター立ち上げ、営業を経験。現在の業務の一部として、医療・化粧品物流.comのサイト運営を担当しながら化粧品製造業許可を活用した物流提案営業に取り組んでいる。

TEL : 0120-998-094

医療機器 : 介護ロボ、コラボで開発加速 産学、異業種 350億円市場狙う

2014年03月17日(月)RSS

 医療・化粧品物流.comの寺田です。 
 
 介護ロボットの開発に向けた産学連携や異業種間提携が活発化している。大学や企業がそれぞれ独自の技術やノウハウを持ち寄り、事業化のペースを速めることで先行者利益を狙う。介護ロボ市場は立ち上がったばかりだが、急速な高齢化を背景に2020年度には350億円市場に成長するとみられており、競争は白熱しそうだ。

 東京理科大学は金型メーカーの菊池製作所と組んで、同大学発のベンチャー「イノフィス」を設立した。工学部の小林宏教授による研究成果「マッスルスーツ」の製品化を目指す。

 このスーツは着用者の背筋力をサポート。とくに腰への負担を軽減し、介護現場だけでなく物流や工場など重量物の上げ下ろしを楽に行えるようになる。小林教授は「これだけ力を発揮でき、あらゆる領域で使用できるスーツはない。高齢者が自立した暮らしを行えるようにし、精神的な負担からの解放につなげていきたい」と意欲を示す。

 実はこの計画には当初、大手メーカーが参加予定だったが、撤退した。2012年度の介護ロボットの出荷額はわずか1億7000万円。この大手メーカーは事業化リスクが大きいと判断した。 これに対し、菊池製作所は「小さな会社でも、自社製品を武器に新たなマーケットを構築できる」(菊池功社長)と見て、生産を行うことにした。30万~50万円の価格で製品化し、16年度に5000台の販売を目指す。同社は福島県飯舘村に工場があるが、同県南相馬市にも新工場を建設し、量産体制を整えることも視野に入れる。

 ◆高齢化社会向け住宅
大学発の介護ロボ事業では、筑波大学大学院教授でロボットベンチャー、サイバーダイン(茨城県つくば市)社長の山海嘉之氏が開発したロボットスーツ「HAL」も注目を浴びている。介護住宅や介護ロボ事業に積極的な大和ハウス工業がHALの販売やリース、レンタルを担っている。サイバーダインは今月26日に東証マザーズに上場し、約30億円を調達。事業拡大を加速する計画だ。
一方、大和ハウス同様、介護住宅に力を入れている積水ハウスも医療機器などの制御システムメーカー、マッスル(大阪市中央区)と提携した。ロボットと要介護者の間に人を介在させることで、人のぬくもりがある介護を実現できるロボット技術の実用化を目指す。石井正義・総合住宅研究所長は「良い季節には寝たきりの人を外に連れ出せるようにするなど、ロボット技術を活用すれば住宅がどのように変わっていくのかを検証し、高齢化社会向けの住まいの提案に力を入れる」と語る。
また、介護大手のツクイは国立長寿医療研究センターと組み、ホンダの歩行支援ロボットの共同研究を進めている。

 ◆海外展開にも弾み
こうした産学連携や異業種提携を通して製品化のスピードが増すことで、介護ロボ市場の成長ペースは加速しそうだ。矢野経済研究所によると介護ロボットの国内市場規模は、15年度に23億円に拡大。20年度には350億円に達する見通しだ。
それ以降も堅調に推移する可能性が高い。慢性的な人手不足に直面している介護現場では今後、団塊世代の高齢化により一段と介護ロボの需要が高まるためだ。介護のほか、物流や生産拠点への導入も見込まれる。
また、国際標準化機構(ISO)が新たに作った生活支援ロボットの安全規格に、日本の研究者が提案した規格が採用された。安全面で日本の技術が優位に立て、開発や普及、海外展開にも弾みがつくことになる。SankeiBiz2014/3/14 08:15

鈴与株式会社 メディカルロジスティクス事業部 寺田

神奈川県出身。鈴与入社以来、海外との輸出入、自動車部品物流、各種流通加工、医療現場の廃棄物物流、国内物流センター営業などの経験を経て、3年前より医療機器物流の営業担当となる。 最近は医療機器の物流に流通加工のノウハウを取り込んだ、新しいサービスの構築をメインテーマに活動している。

TEL : 0120-998-094

化粧品 : 輸入化粧品と製造業免許

2014年03月17日(月)RSS

医療・化粧品物流.comの天羽です。

当サイトでは、鈴与は医療機器や化粧品の製造業許可を取得していると記載していますが、
これはどういうことかといいますと、製造販売業者様が製品を出荷する、という判定をする前に
一次保管しておく場所には製造業の許可が必要なんです。

では「製造業」の「製造」行為とはどのようなものなのでしょうか。
もちろん原料からの製品製造や充填なども製造にあたりますが、薬事法における製造行為には
下記のようなものも含まれます。

●包装
法定表示されている箱に製品をいれる

●表示
ロット表示を行う

●保管
出荷判定待ちの商品を保管する

整理すると、例えば化粧品の場合、出荷判定前の保管を行なう倉庫では化粧品製造業(包装・表示・保管)
の業許可を取得しなければなりません。そして、そのライセンスがあれば倉庫内で上記のような製造行為を
行うことが可能です。

しかし出荷判定後であればいわゆる「流通在庫」ということになりますので、その商品を保管しても
薬事法でいうところの「保管」にはあたりません。
つまり出荷判定後の商品であれば業許可は必要ありません。
通常の商品と同じように取り扱うことが可能です。

というわけで多くの場合倉庫側で製造業免許が必要になるのは輸入化粧品を取り扱う場合かと思います。
通関直後は、市場出荷判定が済んでいませんので、それはまだ製造過程にある、と薬事法上は扱われます。
そんな場合に製造業を持っている倉庫で保管を行い出荷判定を待ちます。

鈴与は自社通関体制があり輸入の対応も可能ですし、倉庫側で受け取ったあとの包装・表示・保管等の
加工作業を請け負うことも可能です。
これまでにも数多くの実績がございますので、ぜひお客様の声をご覧いただければと思います。

現在の物流でお困りの点、疑問に思っている点、またこんな場合はどうなるの?といったご相談がありましたら、
ぜひ医療・化粧品物流.com(メール、フォーム、またはお電話)へお気軽にお問い合わせください。
お待ちしております!

鈴与株式会社 DC・倉庫営業推進室 天羽

秋田県出身。前職より、国内物流センター立ち上げ、営業を経験。現在の業務の一部として、医療・化粧品物流.comのサイト運営を担当しながら化粧品製造業許可を活用した物流提案営業に取り組んでいる。

TEL : 0120-998-094

医療機器物流 : 物流機器③

2014年03月14日(金)RSS

医療・化粧品物流.comの鍵谷です。

今回も引き続き物流機器のお話です。

今回は商品を保管する際に使用する保管機器についてお話します。

保管の方法を検討するには、

①入荷の際の荷姿(パレット単位・ケース単位・バラ単位)と1回あたりの入荷物量・入荷頻度
②ピッキングの際の出荷単位(パレット単位・ケース単位・バラ単位)と出荷物量・出荷頻度等によって選定されます。

主な保管の種類としては、

①平置き
②パレットラック
③パレット自動倉庫
④ケース自動倉庫
⑤フローラック
⑥中量ラック等があります。

小さい商品の出荷には、フローラックや中量ラックがありますが、出荷頻度が多い場合はフローラック、出荷頻度が低い商品は
中量ラックが向いています。 大量・多品種の商品を保管する場合は自動倉庫が向いていますが、イニシャルコストと出荷の能力が
クレーンの能力によって決まりますので、注意が必要です。

鈴与株式会社 メディカルロジスティクス事業部 鍵谷

兵庫県出身。マテハンメーカーで物流会社向けの提案営業を経験。その後、前職の物流会社では主に小売業向けDC・TCセンター等の3PL提案営業とセンター運営管理を行っていた。昨年秋より医療機器物流の担当となる。

TEL : 0120-998-094

化粧品 : 化粧品通販物流

2014年03月12日(水)RSS

医療・化粧品物流.comの天羽です。

3月に入っても雪が降るなど、異常気象が心配になってしまいますね。 暖かい日もありますが、天気に振り回される毎日があと少し続きそうです インフルエンザのピークは過ぎたようですが、体温調節をしっかり行って 風邪をひかないように注意したいと思います。

先日の記事で化粧品業界でも通販が増えている、と記載させていただきました。 通販といえば、BtoC、つまり個人様への発送ですから、基本的には小ロット発送となります。 たいてい1個または2個等の少ないピース数で出荷されていくのではないでしょうか。

その一方、化粧品は比較的SKU数が多い場合が多く、倉庫内でピッキングする際に 「オーダーピッキング」という「1オーダーごとに商品をピッキングしにいく」形態を とらざるをえないこともあります。これはとても労力がかかり、またピッキングミスを防ぐ仕組みも 取り入れないといけないため、煩雑な業務になりがちです。

もしピッキングミスをしてしまったら、ユーザー様へ間違った商品が届いてしまいますので お客様の信用問題になってしまいます。

鈴与では倉庫内の商品を管理するシステムが導入されていて、そのシステムを活用するだけでなく 合わせてさまざまな工夫を取り入れてピッキングを行っています。これにより、熟練を要することなく、 多頻度小口出荷に対応でき、また主要な作業のほとんどを、化粧品の物流業務に精通した パート作業員が実施することができるため、低誤出荷率、高品質をキープしつつ、運営コストも 抑制することができます。

当社の通販物流に関しては通販専用ページがございますのでそちらもぜひ一度ご覧ください。

現在の物流でお困りの点、疑問に思っている点、またこんな場合はどうなるの?といったご相談がありましたらぜひ
医療・化粧品物流.com(メール、フォーム、またはお電話)へお気軽にお問い合わせください。
お待ちしております!

鈴与株式会社 DC・倉庫営業推進室 天羽

秋田県出身。前職より、国内物流センター立ち上げ、営業を経験。現在の業務の一部として、医療・化粧品物流.comのサイト運営を担当しながら化粧品製造業許可を活用した物流提案営業に取り組んでいる。

TEL : 0120-998-094

ブログ 過去記事一覧

受付:平日9:00-18:00  担当:福井・大石