化粧品 : 化粧品通販

2014年06月27日(金)RSS

医療・化粧品物流.comの天羽です。

今日は健康産業新聞の記事をご紹介いたします。

= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = 
14年上半期の人気受注アイテムでは、「美容液」が2 位の「化粧水」を13ポイントも離し、ダントツの1 位となった。

また、前年6 位だった「ヘアケア」は3位に躍進。
下半期の予想では2 位で、更なる伸びが予想されている。
天然植物・オーガニック素材のカラートリートメントや、ノンシリコンシャンプーなどに代表される
ナチュラル志向製品のほか、大手メーカーからも新製品投入が相次いでいるスカルプケア商材などの
需要増が影響しているようだ。

スカルプケア商材は、若年層に向けた商品や高機能商品の投入が進み、市場が拡大している。
富士経済の報告によると、女性用スカルプケアの13年市場規模は12年比7.0%増の169億円。
14年はさらに5.3%増の178億円と推計。
男性用に関しても、14年の市場規模は13年比6.7%増の240億円が見込まれるとしている。

このほか、「パック」、「洗顔」、「クレンジング」、「石鹸」、「UVケア」など夏に向けた素肌ケア商品がランクイン。
「UVケア」商材では、昨年1 月に表示が解禁となった「PA++++」処方での開発依頼が増えているようだ。

健康産業新聞1534号(2014.6.18)より一部抜粋
= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = 

オーガニック製品はあいかわらず人気のようですね!
その一方でたしかに最近スカルプケアもよく見かけるようになったと感じます。
コマーシャルやWeb広告なんかが多いですね。
男性用に関しては6.7%、女性用に関しても5.3%増が見込まれているとのこと。
やはり今後も成長が期待できる分野ですね。

化粧品の分野で新たにビジネスを始める方も増えているようです。
通販市場も伸びていますし、よりよい製品が身近になるといいなと思います。

鈴与では医療機器や化粧品(輸入)といった薬事ライセンスを利用したオペレーションだけではなく
ライセンスを使わない、様々な商品の通販物流も得意としています。
通販については、専用サイト 鈴与の通販フルフィルメントサービス がありますので
ご興味のある方はぜひご覧ください。

その他にも現在の物流でお困りの点、疑問に思っている点、またこんな場合はどうなるの?といったご相談がありましたら、
ぜひ医療・化粧品物流.com(メール、フォーム、またはお電話)へお気軽にお問い合わせください。
お待ちしております!

鈴与株式会社 DC・倉庫営業推進室 天羽

秋田県出身。前職より、国内物流センター立ち上げ、営業を経験。現在の業務の一部として、医療・化粧品物流.comのサイト運営を担当しながら化粧品製造業許可を活用した物流提案営業に取り組んでいる。

TEL : 0120-998-094

化粧品 : 化粧品物流と波動対応

2014年06月11日(水)RSS

医療・化粧品物流.comの天羽です。

関東も梅雨入りしましたね。
先日の激しい雨に、自宅の観葉植物の葉っぱが切れてしまうのではないかと
ハラハラしていましたが、すべて無事でほっとしました。
雨が振り続けるだけでなく、なんだか最近の雨は勢いが強いような気がします。

外出先での急な雨など、ケガをしないように対処したいですね。
特にゲリラ豪雨は急激な水位上昇や浸水などが懸念されますので、油断せず
危険回避の行動に出ていただきたいと思います。

春から夏に向かう今くらいの季節は、皮脂や汗の量が増えたり、空気が乾燥したり、
日中の気温差が大きくなったり、花粉の飛散、紫外線も増加するなど肌にとっての
大きな環境変化が起こり、肌トラブルが増えるようです。

そのせいか、化粧品業界の繁忙期の一つとされています。

鈴与の倉庫では、化粧品に限らず季節性の波動がある製品を扱っています。
業務量の波動に対応し、常に最適人員で作業できるよう人数の調整を行っています。

月の中でも月末月初で波動があるもの、週の中で曜日ごとにあるもの、1日の中でも
出荷指示が送られてくる時間が複数回あるもの、等いろんな条件で波動は生まれています。
それに加えて作業者の方の突発的な欠勤等、荷物の波動だけでなく人員にも波動が
発生します。

そのため、季節といった大きな流れの中だけでなく1日の中で数回の頻度で人員調整を行っています。
もちろん、仕事量を正確に把握し、早めの要員計画を行うことで残業削減、余剰人員削減を
図っていますが、1日の中で各作業の進捗を把握し、状況に応じて人員配置の変更を実施
することで、必要最低限の要員での運用を実現するよう努めています。

またいろいろな種類の貨物を扱うことで繁忙期にズレが生じ、年間を通じて平準化することが
できるのも強みです。

鈴与での波動対応の一部をご紹介しました。
波動対応にお悩みのお客様、それ以外の物流のご相談ごとがあるお客様、
ぜひ医療・化粧品物流.com(メール、フォーム、またはお電話)へお気軽にお問い合わせください。
お待ちしております!

鈴与株式会社 DC・倉庫営業推進室 天羽

秋田県出身。前職より、国内物流センター立ち上げ、営業を経験。現在の業務の一部として、医療・化粧品物流.comのサイト運営を担当しながら化粧品製造業許可を活用した物流提案営業に取り組んでいる。

TEL : 0120-998-094

化粧品 : 医療機器・化粧品物流とスマートデバイス

2014年06月03日(火)RSS

医療・化粧品物流.comの天羽です。

今日は先月末の日経新聞記事をご紹介します。

=======================================

2014年5月31日「お薬手帳、電子化で便利に」(日本経済新聞)

薬の履歴をまとめた「お薬手帳」をスマートフォン(スマホ)で管理するのが「電子お薬手帳」。
薬を飲む時間を知らせるなど電子版ならではの便利な機能を満載したアプリが続々登場している。
利用できる薬局が少ないのが弱点だったが、この春、薬局などの情報端末が更新され、
全国で薬のデータを取り込める体制づくりが始まった。

=======================================

めったに病院に行かない人は、お薬手帳の出番も少ないでしょうから、手帳を使った
薬の管理は現実的には難しいのかな、と思っていました。
でもアプリで管理できるなら、便利ですね!しかも服薬時間をタイマーで知らせてくれるので
飲み忘れを減らせるというのは、スマートフォンならではのメリットだと思います。

他には

・1台のスマートフォンで複数の人の手帳を管理できる
・数年分のお薬情報を保管できる
・薬名からお薬の内容をネットで検索できる

こんなメリットがあるそうです。(※アプリによっては使えない機能もある)

飲み忘れ対策も大事ですが、合わないお薬があった場合、それを記録できるのも便利だと思います。
スマートフォンの急速な普及に伴い、どんどん進化して便利になっていきますね。

これは、物流においても同じ現象が起きています。
各社でオペレーションにスマートフォン・タブレット端末といったスマートデバイスを組み込み効率化を
図る動きがあります。特にピッキングや検品といった庫内作業の効率化およびハンディ端末や
車載器の代用によるコストダウンといったことが期待されています。

鈴与ではハンディ端末とタブレット端末を組み合わせた検品作業を実施しています。
バーコードを読み取ると、タブレット画面に商品画像が出てきます。その画像と実際の商品を
見比べながら細かい部分まで検品することが可能です。
検品エラーや数量エラーもわかりやすく表示されますので、作業をストップする頻度が少なくなります。

今後もスマートフォンやタブレットの有効活用を考え、オペレーションに取り入れて
より効率の良い医療機器物流・化粧品物流を実現していきたいと思っています。

現在の物流でお困りの点、疑問に思っている点、またこんな場合はどうなるの?といったご相談がありましたら、
ぜひ医療・化粧品物流.com(メール、フォーム、またはお電話)へお気軽にお問い合わせください。
お待ちしております!

鈴与株式会社 DC・倉庫営業推進室 天羽

秋田県出身。前職より、国内物流センター立ち上げ、営業を経験。現在の業務の一部として、医療・化粧品物流.comのサイト運営を担当しながら化粧品製造業許可を活用した物流提案営業に取り組んでいる。

TEL : 0120-998-094

化粧品 : 化粧品の消費期限管理2

2014年04月15日(火)RSS

医療・化粧品物流.comの天羽です。

今回は先月の化粧品消費期限の話の続編です。
目安となる使用期限について、情報がありましたのでご紹介いたします。

英ニュースサイト「Mail Online」によると、使いかけの化粧品の目安となる使用期限は次のとおりです。

●アイシャドウ………………1年
●口紅………………………1年6カ月
●リキッドファンデーション…6カ月
●アイライナー………………1年
●マスカラ……………………4カ月
●コンシーラー………………8カ月
●チーク……………………2年
●フェイスパウダー…………2年

正直に申し上げて私の持っているマスカラ、とっくに4か月以上が経ってしまっていました。。。
化粧品は簡単に表皮ブドウ球菌や、黄色ブドウ球菌を繁殖させてしまうそうです。
使用期限を過ぎたファンデーションやコンシーラー、フェイスパウダー、チーク等を使うと、細菌が毛穴に入って、
炎症や発疹を引き起こす可能性があります。また古いマスカラ、アイシャドウを使うことで細菌性の眼感染症に
かかったり、まぶたにブツブツができたりすることもあるそうです。
これからは自分自身もう少し気を付けて、使用していきたいと思います。

今後はこういった情報がもっともっと積極的に化粧品ユーザーに伝わるといいですね。

鈴与では倉庫内の保管環境を整えるだけでなく、化粧品・健康食品のOEMメーカー様と連携し
効率的な生産・販売活動を支援しています。メーカー様と一体になり、商品を使用されるお客様へ
気持ちを届ける物流に、今後も一層力をいれて取り組んでまいります。

現在の物流でお困りの点、疑問に思っている点、またこんな場合はどうなるの?といったご相談がありましたら、
ぜひ医療・化粧品物流.com(メール、フォーム、またはお電話)へお気軽にお問い合わせください。
お待ちしております!

鈴与株式会社 DC・倉庫営業推進室 天羽

秋田県出身。前職より、国内物流センター立ち上げ、営業を経験。現在の業務の一部として、医療・化粧品物流.comのサイト運営を担当しながら化粧品製造業許可を活用した物流提案営業に取り組んでいる。

TEL : 0120-998-094

化粧品 : 1か月のスキンケアにかける金額は?

2014年03月25日(火)RSS

医療・化粧品物流.comの天羽です。

今回は面白いアンケートを見つけたのでご紹介したいと思います。
小学館の雑誌「美的」からのアンケートです。

回答者:『美的』読者3,246人/平均年齢31.9歳

Q.1か月のスキンケアにかける金額はいくらですか?
平均¥11,120くらい

Q.ベーシックアイテムを選ぶ際に最も重視するポイントは?
1位:機能 48.1%
2位:口コミ 17.7%
3位:ブランドの信頼感 7.6%

Q.スキンケアコスメはどのくらいの頻度で替えますか?
1位:肌に合っていれば替えない 51.9%
2位:使い終わって次を買うときは違うものを購入 18.1%
3位:季節ごとに替える 15.6%

Q.スペシャルケアアイテムを選ぶ際に最も重視するポイントは?
1位:機能 48.5%
2位:口コミ 20.7%
3位:価格 7.2%

Q.スキンケアコスメの中でいちばん投資しているアイテムは?
1位:美容液 38.4%
2位:化粧水 21.1%
3位:クリーム 10.1%
4位:洗顔 8.0%
5位:マスク 5.1%

Q.同じブランドのシリーズでライン使いしていますか?
している人が約37%

Q.肌悩みを解決するために投資している費用は?
平均 ¥17,000くらい

スキンケアや肌悩みの解決のための投資、というのにはエステなどが入っているのかも
しれないので、すべてが化粧品とは言い切れませんが、個人的には予想通り、高額だなと思いました。
さすが不況にも比較的強いと言われる化粧品業界。
コスメフリーク、コスメジプシーなど、化粧品を次から次へと購入する方々もいらっしゃるようです。
いろんな化粧品を試してみたいと思う一方で、上のアンケートからは「肌に合っていれば変えない」派が半数以上と
なっています。これだけたくさんの種類が販売されていますので、運命の1本に出会うのはなかなか
大変なのかもしれませんね。

新しい化粧品を楽しみにされているお客様のためにも、適切な環境で保管し、きっちり管理、
丁寧にピッキング・梱包を行い、素早く届ける。そんなオペレーションを常に心がけています。
化粧品販売を行っている事業者様には、ぜひ当社倉庫の視察を行っていただき
丁寧で素早い作業を実際に見ていただけたらと思います。

現在の物流でお困りの点、疑問に思っている点、またこんな場合はどうなるの?といったご相談がありましたら、
ぜひ医療・化粧品物流.com(メール、フォーム、またはお電話)へお気軽にお問い合わせください。
お待ちしております!

鈴与株式会社 DC・倉庫営業推進室 天羽

秋田県出身。前職より、国内物流センター立ち上げ、営業を経験。現在の業務の一部として、医療・化粧品物流.comのサイト運営を担当しながら化粧品製造業許可を活用した物流提案営業に取り組んでいる。

TEL : 0120-998-094

化粧品 : 輸入化粧品と製造業免許

2014年03月17日(月)RSS

医療・化粧品物流.comの天羽です。

当サイトでは、鈴与は医療機器や化粧品の製造業許可を取得していると記載していますが、
これはどういうことかといいますと、製造販売業者様が製品を出荷する、という判定をする前に
一次保管しておく場所には製造業の許可が必要なんです。

では「製造業」の「製造」行為とはどのようなものなのでしょうか。
もちろん原料からの製品製造や充填なども製造にあたりますが、薬事法における製造行為には
下記のようなものも含まれます。

●包装
法定表示されている箱に製品をいれる

●表示
ロット表示を行う

●保管
出荷判定待ちの商品を保管する

整理すると、例えば化粧品の場合、出荷判定前の保管を行なう倉庫では化粧品製造業(包装・表示・保管)
の業許可を取得しなければなりません。そして、そのライセンスがあれば倉庫内で上記のような製造行為を
行うことが可能です。

しかし出荷判定後であればいわゆる「流通在庫」ということになりますので、その商品を保管しても
薬事法でいうところの「保管」にはあたりません。
つまり出荷判定後の商品であれば業許可は必要ありません。
通常の商品と同じように取り扱うことが可能です。

というわけで多くの場合倉庫側で製造業免許が必要になるのは輸入化粧品を取り扱う場合かと思います。
通関直後は、市場出荷判定が済んでいませんので、それはまだ製造過程にある、と薬事法上は扱われます。
そんな場合に製造業を持っている倉庫で保管を行い出荷判定を待ちます。

鈴与は自社通関体制があり輸入の対応も可能ですし、倉庫側で受け取ったあとの包装・表示・保管等の
加工作業を請け負うことも可能です。
これまでにも数多くの実績がございますので、ぜひお客様の声をご覧いただければと思います。

現在の物流でお困りの点、疑問に思っている点、またこんな場合はどうなるの?といったご相談がありましたら、
ぜひ医療・化粧品物流.com(メール、フォーム、またはお電話)へお気軽にお問い合わせください。
お待ちしております!

鈴与株式会社 DC・倉庫営業推進室 天羽

秋田県出身。前職より、国内物流センター立ち上げ、営業を経験。現在の業務の一部として、医療・化粧品物流.comのサイト運営を担当しながら化粧品製造業許可を活用した物流提案営業に取り組んでいる。

TEL : 0120-998-094

化粧品 : 化粧品通販物流

2014年03月12日(水)RSS

医療・化粧品物流.comの天羽です。

3月に入っても雪が降るなど、異常気象が心配になってしまいますね。 暖かい日もありますが、天気に振り回される毎日があと少し続きそうです インフルエンザのピークは過ぎたようですが、体温調節をしっかり行って 風邪をひかないように注意したいと思います。

先日の記事で化粧品業界でも通販が増えている、と記載させていただきました。 通販といえば、BtoC、つまり個人様への発送ですから、基本的には小ロット発送となります。 たいてい1個または2個等の少ないピース数で出荷されていくのではないでしょうか。

その一方、化粧品は比較的SKU数が多い場合が多く、倉庫内でピッキングする際に 「オーダーピッキング」という「1オーダーごとに商品をピッキングしにいく」形態を とらざるをえないこともあります。これはとても労力がかかり、またピッキングミスを防ぐ仕組みも 取り入れないといけないため、煩雑な業務になりがちです。

もしピッキングミスをしてしまったら、ユーザー様へ間違った商品が届いてしまいますので お客様の信用問題になってしまいます。

鈴与では倉庫内の商品を管理するシステムが導入されていて、そのシステムを活用するだけでなく 合わせてさまざまな工夫を取り入れてピッキングを行っています。これにより、熟練を要することなく、 多頻度小口出荷に対応でき、また主要な作業のほとんどを、化粧品の物流業務に精通した パート作業員が実施することができるため、低誤出荷率、高品質をキープしつつ、運営コストも 抑制することができます。

当社の通販物流に関しては通販専用ページがございますのでそちらもぜひ一度ご覧ください。

現在の物流でお困りの点、疑問に思っている点、またこんな場合はどうなるの?といったご相談がありましたらぜひ
医療・化粧品物流.com(メール、フォーム、またはお電話)へお気軽にお問い合わせください。
お待ちしております!

鈴与株式会社 DC・倉庫営業推進室 天羽

秋田県出身。前職より、国内物流センター立ち上げ、営業を経験。現在の業務の一部として、医療・化粧品物流.comのサイト運営を担当しながら化粧品製造業許可を活用した物流提案営業に取り組んでいる。

TEL : 0120-998-094

化粧品 : 化粧品業界売上高ランキング

2014年03月10日(月)RSS

医療・化粧品物流.comの天羽です。

暖かい日が続いています。
私はひどい花粉症なのですが、今年は今のところ大丈夫です。
花粉が少ない年と言われていましたが、本当のようですね。
毎年、モーニングアタックに加えて呼吸困難と頭痛が起きて苦しい数か月を
過ごしていたので、とても嬉しいです!

さて、今回は化粧品業界の売上ランキングをご紹介します。

◆化粧品業界売上高ランキング(平成24-25年)
国内の化粧品業界における売上高のランキングをまとめました。

企業名 売上高(億円)
1 資生堂・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 6,777
2 花王(ビューティーケア事業)・・・・・・・・・・  4,444
3 ポーラ・オルビスホールディングス・・・・・  1,808
4 コーセー・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 1,706
5 マンダム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 604
6 ノエビアホールディング・・・・・・・・・・・・・・・・ 472
7 ファンケル(化粧品関連事業)・・・・・・・・・・・ 467
8 ドクターシーラボ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 390
9 ミルボン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 218
10 ナリス化粧品・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・218

化粧品の売上自体は横ばい傾向ですが、通販は増えてきているようです。
最近は、安心・安全の観点からトレーサビリティに力を入れる企業や
拠点の集約、または2拠点化をすすめることで当日配送・翌日配送エリアの
拡大に力を入れる企業が増えてきています。

企業トラブルが増える昨今、企業の信頼性は顧客にとって非常に大事な
選択ポイントの1つとなっていると考えられます。

鈴与では誤出荷率を非常に低く抑える取組みを行いつつ、お客様のご希望に
合わせた納期を実現するために、配送業者を自由にアレンジすることが可能です。
商品力に加え、もう一つ付加価値を付け加える物流力。鈴与ではお客様といっしょに
さまざまな取り組みを行っております。

現在の物流でお困りの点、疑問に思っている点、またこんな場合はどうなるの?といったご相談がありましたら、
ぜひ医療・化粧品物流.com(メール、フォーム、またはお電話)へお気軽にお問い合わせください。 お待ちしております!

鈴与株式会社 DC・倉庫営業推進室 天羽

秋田県出身。前職より、国内物流センター立ち上げ、営業を経験。現在の業務の一部として、医療・化粧品物流.comのサイト運営を担当しながら化粧品製造業許可を活用した物流提案営業に取り組んでいる。

TEL : 0120-998-094

化粧品 : 男性用化粧品

2014年02月27日(木)RSS

医療・化粧品物流.comの天羽です。

ソチ五輪が終わりましたね。
個人的にはフィギュアスケート浅田選手のフリー演技終了直後の涙に涙しました。
その他の競技でも多くの選手が素晴らしい結果を残してくれて、とてもさわやかな感動に包まれました。
スポーツの魅力的な一面ですよね。すべての選手がオリンピックに向けて努力を続けてくれて
この感動を与えてくれたことに心から感謝したいと思います。

今回は化粧品市場の概況からお話ししたいと思います。
2012年度の国内化粧品市場規模は前年度比100.8%の2兆2,900億円(ブランドメーカー出荷金額ベース)、
すべてのカテゴリーで前年度比を上回る推移だそうです。

分野別構成比は
1.スキンケア市場・・・・・・・・・・46.3%
2.メイクアップ市場・・・・・・・・・21.9%
3.ヘアケア市場・・・・・・・・・・・18.4%
4.フレグランス市場・・・・・・・・・1.2%
5.男性用化粧品市場・・・・・・・4.8%
6.その他・・・・・・・・・・・・・・・・・7.4%

男性用化粧品ってどんなものかと思ったら、ヘアスタイリング剤が含まれているんですね。
前年度比102.8%、1,095億円の市場規模で、ヘアケア製品やスキンケア製品が好調に推移しているそうです。
ヘアケア製品には育毛剤や育毛シャンプーも含まれますから、何となくわかるような・・・でも、
化粧水の、美白、にきびケア、アンチエイジングなどの機能性を訴求した製品が牽引しているという
一面もあります。新しい分野だけにこれからの成長が期待できそうですね。
確かに、ドラッグストア等でも見かけることが多くなってきたように思います。

あるアンケート結果によると、すべての年代の男性がスキンケア化粧品に関心があり、
”男性用”にこだわる人は意外と少なく、効果、価格や成分、自分の肌に合うか等に
注目している、という状況があるそうです。

男性も女性も、自分に合う商品を適切に選び取れるリテラシーが高まっていくといいですね。

鈴与では多くの分野の化粧品を取り扱っていますので経験がとても豊富です。
容器1つをとっても、本当にいろいろな形状のものがあります。倉庫内での取扱いにも工夫を重ねているんですよ。
また化粧品製造業のライセンスを取得している倉庫では、輸入化粧品に対するオーバーラベル作業も可能です。
さらに自社で通関を行う体制もありますので、輸入から出荷までのトータルサービスをご提案することができます。

現在の物流でお困りの点、疑問に思っている点、またこんな場合はどうなるの?といったご相談がありましたら、
ぜひ医療・化粧品物流.com(メール、フォーム、またはお電話)へお気軽にお問い合わせください。
お待ちしております!

鈴与株式会社 DC・倉庫営業推進室 天羽

秋田県出身。前職より、国内物流センター立ち上げ、営業を経験。現在の業務の一部として、医療・化粧品物流.comのサイト運営を担当しながら化粧品製造業許可を活用した物流提案営業に取り組んでいる。

TEL : 0120-998-094

化粧品 : 化粧品の消費期限管理

2014年02月19日(水)RSS

医療・化粧品物流.comの天羽です。

最近は大雪になったり、冷たい風が吹き付けてきたり、肌にはハードなシーズンですね。
化粧品を上手に使って乗り越えていきたいところですが、その化粧品によって、肌荒れを
起こしてしまうこともあるんです。
それは、化粧品の消費期限によるものなんですが、みなさんどのくらい気にされていますか?

「たくさん残っているし、もったいないから」といって前のシーズンのものを使っている方、
もしかしたらその化粧品が肌荒れを引き起こしてしまうかもしれません。

でも、よく見てみると化粧品には消費期限が記載されていませんね。
その答えは薬事法にありまして、第61条で「製造又は輸入後適切な保存条件のもとで3年以内に
性状及び品質が変化するおそれのある化粧品」には消費期限を記載するよう義務付けられています。
つまり消費期限が記載されていないということは、未開封であれば3年間は品質保証がされているということです。

開封済みのものの消費期限の目安ですが、こちらは商品ごとに異なるためはっきりとした基準がありません。
でもスキンケア・ベースメイク系はワンシーズンで使い切った方が良さそうです。
というのは水分を多く含んでいるものはそれだけ雑菌も繁殖しやすいので・・。
化粧水を買いだめするのはOKですが3年以内に使い切ること、明けたら半年くらいで使い切ること、
こんなところでしょうか。
書いていて思い付きましたが、日焼け止めもワンシーズンものですね。

鈴与では倉庫管理システム(WMS)で消費期限や製品ロットによる管理が可能です。標準機能として
多くのお客様にご利用いただいています。
消費期限やロットの情報をいただいて、お客様と倉庫側で相互に確認・認識をしていますので安心ですね。

現在の物流でお困りの点、疑問に思っている点、またこんな場合はどうなるの?といったご相談がありましたら、
ぜひ医療・化粧品物流.com(メール、フォーム、またはお電話)へお気軽にお問い合わせください。
お待ちしております!

鈴与株式会社 DC・倉庫営業推進室 天羽

秋田県出身。前職より、国内物流センター立ち上げ、営業を経験。現在の業務の一部として、医療・化粧品物流.comのサイト運営を担当しながら化粧品製造業許可を活用した物流提案営業に取り組んでいる。

TEL : 0120-998-094

ブログ 過去記事一覧

受付:平日9:00-18:00  担当:福井・大石