医療機器の「保管」

2017年11月21日(火)RSS

鈴与の医療機器トータルアウトソーシングサービスの吉良です。

寒くなるにつれ、空気が乾燥し肌のかさつきが気になる今日この頃。
テレビでも空気の乾燥による火災事故が報じられています。皆様、火元にはくれぐれもご注意ください。

さて、本日は記憶に新しい、大規模物流センターで発生した火災についてです。
今回の火災で明るみになった点として、許可された以上の量の危険物を倉庫に保管していた、ということが挙げられました。
※引火の可能性があるエタノールなど、消防法で危険物と定められた物質は、貯蔵所などとして許可を受けた場所以外での、基準を超える量の保管が禁じられております。

医療機器でも保管において火気厳禁、冷暗所保存等が定めれらているものは危険物に該当する可能性があり、当該製品を保管する倉庫は、各規制法規や各市町村の条例等の基準を満たしている必要があります。

物流会社として、お客様の物流コスト削減の為に保管・作業効率化を追い求めることは勿論必要ですが、コンプライアンスをないがしろにしないことの重要性を感じたニュースでした。

鈴与では、コンプライアンスと保管・作業効率化の両方を実現するご提案により、お客様の物流コストを低減致します。
是非、一度お問合せください

鈴与株式会社 メディカルロジスティクス事業部 吉良

静岡県出身。入社後5年間新卒採用業務に携わった後、異分野である当部署へ異動。新規医療機器配送センター立上げ支援等経験した後、2016年は御殿場センターの所長を務め、現在は医療機器物流の営業担当として活動。

0120-998-094

医療機器物流窓口の一本化

2017年11月20日(月)RSS

鈴与の医療機器トータルアウトソーシングサービスの江盛です。

今月に入って急に寒くなり、職場でも体調を崩している人がでて、自分も気を付けようと感じています。
それでも具合が悪くなって病院に行かなければいけなくなった際に、もしも病院に窓口がたくさんあってこの診断はこっち、次はあっちとそれぞれで手続きをしなければいけなかったら時間はかかるし面倒ですね。基本的には総合窓口が合って、そこからの情報をもとに各部署が対応すると思います。

物流も窓口は一本化して、余計な手間や時間を省いたほうが効率的ですし、コストも圧縮できます。
鈴与では医療機器の一貫物流サービスを展開しており、例えば輸入医療機器でしたら現地のピックアップから、国際輸送、通関、物流センター、国内のデリバリーまで一貫で対応できます。
またセンター内では検査や法定表示ラベル貼付、添付文書封入、製造所出荷判定業務等といった製造業対応。また修理業許可を取得しておりますのでこちらも対応可能です。
その他クリーンルームでの作業や各種資材の手配など幅広く対応しております。

サービスの詳細はサービス一覧のページを是非ご覧ください。

鈴与株式会社 メディカルロジスティクス事業部 江盛

広島県出身。医療機器に限らず、雑貨や食品など配送センターの現場担当を10年程度経験。現在は医療機器物流の営業担当として活動。

0120-998-094

医療器機配送

2017年11月10日(金)RSS

鈴与の医療機器トータルアウトソーシングサービスの岩橋です。

今回は、医療機器配送で発生する梱包材の処理についてお話します。
医療器機に限らず一般的に梱包材やパレットは不要物となったときの占有者(梱包を解き又はパレットから降ろしたときの所有者)が排出事業者となります。
医療器機を開梱せずに梱包した又はパレットに載せた状態で納品した場合は、開梱し又はパレットから降ろした購入者が排出事業者となります。
では梱包された製品を開梱してからユーザーに納品する場合はどうなるか?
納入者(販売者)が排出事業者となる場合、運送業者が納入者に梱包材を持ち帰る行為は、持ち帰った時点が産業廃棄物の発生時点となり、開梱した地点から納入者までの梱包材の運搬については、製品の運送過程の一環となります。
注意したい点は、開梱した地点から直接処理施設へ搬入する場合、開梱した時点が産業廃棄物の発生時点となり、納入者(販売者)が運送業者に産業廃棄物の運搬を委託したことになります。
したがって例え無償であっても運送会社は産業廃棄物収集運搬の許可が必要となります。
医療機器の配送は木枠梱包で直接医療施設で開梱し引き渡す機会も多く梱包材の処理方法も理解する必要があります。

医療機器に関連する製造、輸入、輸出、保管、配送等でご質問があればお気軽にお問合せ下さい。
(参考資料:大阪府ホームページ)

鈴与株式会社 メディカルロジスティクス事業部 岩橋

和歌山県出身。物流会社でプラントエンジニア(主に重量物搬入、設置)を経験後、同社医療関連事業部で医療施設の院内・院外で滅菌、SPDや医療メーカー向け貸出手術器械の洗浄業務の開発を行った。現在は医療機器物流の営業担当として活動。

0120-998-094

ISO13485:2016認証

2017年11月02日(木)RSS

鈴与の医療機器トータルアウトソーシングサービスの福井です。

鈴与では2017年5月にISO13485:2016の認証を取得致しました。(認証機関BSI)
2006年に旧法の医療機器製造業包装区分の許可を取得以来QMS省令の要求事項に対応しておりましたが、ISO13485:2016との差分をカバーすべく規格を読み込み、手順書に落とし込む作業に2ヶ月を要しました。
特にISO13485:2016で追加となったソフトウェアバリデーション及び無菌バリアシステムに関する要求事項に関しては皆様もご苦労されているのではと思います。

鈴与はISO13485:2016の運用を通じて、より高品質のサービスを提供しております。

医療機器製造業該当作業及び配送センター作業の委託をご検討されているお客様、ISO13485:2016の認証を取得している鈴与へ是非一度お問合せください。

鈴与株式会社 メディカルロジスティクス事業部 福井

静岡県出身。入社して最初の配属は航空貨物を取り扱う部門。2006年より御殿場センターの責任技術者として現場管理を経験。その後は一貫してメディカル関連企業の営業担当として活動。

0120-998-094

医療機器と3PL

2017年10月26日(木)RSS

鈴与の医療機器トータルアウトソーシングサービスの鍵谷です。

物流業界でよく聞かれる「3PL」とはどんな意味かご存知でしょうか?色々な解釈がありますが、一般的な定義として「3PL」(サードパーティロジスティクス)とは、荷主でも運送会社でもない第3番目の事業者を指しています。
荷主の物流業務の全般又は一部を提供するサービスです。商品の保管や配送といった基本的な機能だけでなく、流通加工や受注業務の代行や情報管理といった付帯サービスの提供や、荷主企業の全体の流れを考えて適切な拠点の立地や物流ネットワークの設計といった改善策を提案して荷主の物流の改善を行います。
3PL事業者は、(アセット型)自社で倉庫や配送車輌などの物流資産をもってサービスを提供する方式と、(ノンアセット型)自社ではこれらの資産をもたず、外部の倉庫業者や運送業者を使って、サービスを提供する方式の二通りがあります。

医療機器の分野でも近年は経営資源の集中戦略として、自社配送センターで物流業務を行うのではなく、外部に委託すること、さらにはその委託先として3PL事業者を活用する事例が増えてきております。
鈴与(株)では薬事に対応した製造業のライセンスを持った各センターで医療機器の物流に対応したサービスを提供しております。
お気軽にご相談頂ければ、御社の課題に対応した様々なご提案をさせて頂きますので、メールまたはお電話でお問い合わせください。

詳しくはこちらのサービス一覧をご覧ください。

鈴与株式会社 メディカルロジスティクス事業部 鍵谷

兵庫県出身。マテハンメーカーで物流会社向けの提案営業を経験。その後、前職の物流会社では主に小売業向けDC・TCセンター等の3PL提案営業とセンター運営管理を行っていた。現在は医療機器物流の営業担当として活動。

0120-998-094

鈴与の医療機器製造業登録拠点

2017年10月18日(水)RSS

鈴与の医療機器トータルアウトソーシングサービスの大石です。

実は、初めてブログ記事を担当致します。
今後は企画営業課員が週替わりでブログ記事を更新してまいりますので、よろしくお願いいたします。

さて、今回は改めて鈴与の医療機器製造業登録拠点についてご紹介させていただきます。

鈴与は全国に140ケ所・285,000坪の倉庫ネットワークを展開しておりますが、その中の4か所で医療機器製造業を登録し、運営をしております。
具体的には、平和島センター(東京都大田区)大黒センター(神奈川県横浜市)御殿場センター(静岡県御殿場市)西宮物流センター(兵庫県西宮市)の4か所です。

大手運送会社をはじめとした運送各社の値上げにより物流コストが増加傾向にありますが、上述致しました通り、鈴与では首都圏、関西圏、中部圏にそれぞれ医療機器製造業登録拠点を有しておりますので、物流拠点の東西2拠点化や、その逆で中部・首都圏への集約等、お客様毎に異なる物流に対して、輸送コスト削減に寄与する最適な立地の物流センターのご提案が可能となっております。

昨今の物流事情の中で物流コスト増加にお悩みの方、または物流再編をご検討されていらっしゃる方は、是非一度お問合せください。

鈴与株式会社 メディカルロジスティクス事業部 大石

静岡県出身。入社以来、現場担当としてメディカル関連企業の物流に携わる。平和島センター、御殿場センターにて責任技術者を経験。現在は医療機器物流の営業担当として活動。

0120-998-094

Medtecデジタルニュースに弊社紹介記事が掲載されました

2017年08月03日(木)RSS

鈴与の医療機器トータルアウトソーシングサービスの鍵谷です。

Medtec Japan OnlineサイトのMedtecデジタルニュースに弊社の
「洗浄や包装、滅菌に対応する医療機器物流アウトソーシング」を
紹介する記事が掲載されました。

http://www.medtecjapan.com/ja/news/2017/08/02/1964

弊社では医療機器の滅菌に係る前後の製品の洗浄・組立・包装 等の作業委託をご検討の企業様の
お手伝いをしておりますので、ご興味のある方は是非お問い合わせください。

鈴与株式会社 メディカルロジスティクス事業部 鍵谷

インターフェックス ジャパン 開催

2017年06月26日(月)RSS

鈴与の医療機器トータルアウトソーシングサービスの鍵谷です。

今週6月28日(水)~30(金)まで東京ビックサイトで開催される
「インターフェックス ジャパン」に出展します「日本照射サービス株式会社」(小間番号:E19-16)
の展示ブースにて弊社の「医療機器トータルアウトソーシングサービス」のご案内をさせて頂きます。

医療機器の滅菌に係る前後の 製品の洗浄・組立・包装 等の作業委託をご検討の企業様の
お手伝いをしておりますので、ご興味ある方は是非ブースにお立ち寄りください!

Medtec2017 出展中です 

2017年04月19日(水)RSS

医療機器トータルアウトソーシングサービスの鍵谷です。

鈴与(株)メディカルロジスティクス事業部では、本日より明後日4月21日(金)まで
開催しておりますMedtec2017に出展しております。

医療機器製造に関するサービス(クリーンルームでの組立・キット・包装作業、
各種滅菌、包装前洗浄、滅菌対応の包装資材等)のご紹介を中心に協力会社と
一緒に展示・ご案内を致しますので、是非会場へお越しの際は鈴与ブースに
お立ち寄りください!

当社のブースは 東4ホール ブースNo304にて展示致します。

2017041902

2017041903

メディカルロジスティクス事業部 鍵谷

兵庫県出身。マテハンメーカーで物流会社向けの提案営業を経験。その後、前職の物流会社では主に小売業向けDC・TCセンター等の3PL提案営業とセンター運営管理を行っていた。現在は医療機器物流を担当。

MEDTEC2017のご案内

2017年04月11日(火)RSS

鈴与の医療機器トータルアウトソーシングサービスの鍵谷です。

鈴与(株)メディカルロジスティクス事業部では、今年も来る4月19日(水)~21日(金)の3日間、東京ビッグサイトで開催されますMEDTEC2017に出展致します。

医療機器製造に関する各種サービス(クリーンルームでの組立・キット・包装作業、各種滅菌、包装前洗浄、滅菌対応の包装資材等、貸出医療機器のリターナブル洗浄)のご紹介を中心に協力会社と一緒に展示・ご案内を致しますので、是非会場へお越しの際は鈴与ブースにお立ち寄りください!

当社のブースは 東4ホール ブースNo304にて展示致します。

メディカルロジスティクス事業部 鍵谷

兵庫県出身。マテハンメーカーで物流会社向けの提案営業を経験。その後、前職の物流会社では主に小売業向けDC・TCセンター等の3PL提案営業とセンター運営管理を行っていた。現在は医療機器物流を担当。

ブログ 過去記事一覧

受付:平日9:00-18:00  担当:福井・大石