角膜組織再現で新素材‐再生医療の実用化目指す

 農業生物資源研究所(生物研)は、東京大学病院と共同で、ブタのコラーゲンから生体適合性の高い角膜再生素材を開発した。新素材を足場にヒトの角膜内皮細胞を培養し、角膜内皮組織を作ることに成功。この成果をもとに東大病院では、視力低下で角膜移植が必要となる水疱性角膜症等の治療に向け、角膜再生医療の実用化を目指す。

 生物研は、ウシのコラーゲンとウシ血清を含んだ培養液からコラーゲンビトリゲルを開発した。今回、これを角膜の再生医療用素材として実用化するため、ブタのアテロコラーゲンとウシ血清を含まない無血清培養液から、透明性に優れた半球面形状のコラーゲンビトリゲル膜の新素材を開発した。

 ウサギの眼に移植した実験では、コラーゲンビトリゲル膜の新素材は炎症等を起こさず透明性を維持し、良好に定着した。また、新素材は足場として、ヒト細胞の付着性に優れていることから、ヒトの角膜内皮細胞を培養することで、再生医療に用いるための角膜内皮を再現。アテロコラーゲンビトリゲル膜は、副作用がなく、生体適合性の高い角膜素材として利用できることが分かった。

 共同開発した東大病院では、今後、足場素材にヒトの角膜内皮細胞を培養することで、再構築できる角膜内皮組織の安全性、有効性のデータを蓄積し、角膜再生医療の実現に取り組み、角膜移植が必要な水疱性角膜症の治療を目指す。

 日本では年間700人程度の患者が角膜移植の順番を待っているのが現状。

 角膜内皮の疾患である水疱性角膜症は、角膜移植の要因の約4割を占めており、角膜内皮を培養して移植する再生医療が実現することにより、待機患者への角膜移植が進む可能性がある。

薬事日報より

受付:平日9:00-18:00  担当:福井・大石

  • ISO認証・取得ライセンス一覧
  • 医療・化粧品物流ブログ
  • 医療・化粧品物流用語集
フリーダイヤル 0120-998-094
お気軽にお問い合わせください! 平日 9:00 - 18:00 担当:福井・大石
お問い合わせはこちら
お見積・資料請求はこちら