国内治験支援市場に攻勢‐CRO・SMOを相次ぎ買収

 エムスリーは、医療従事者の専門サイト「m3.com」の医師会員約25万人のネットワークとITサービスで“治験のe化”を推し進めると共に、CRO・SMO事業会社を買収し、国内の治験支援市場に攻勢をかける。SMO3社を統合した「eSMO」(イスモ)をスタートしたほか、今年2月にCRO「メディサイエンスプラニング」を完全子会社化し、本格的な業務受託体制を整えた。エムスリーの吉田裕彦取締役は、本紙のインタビューに応じ、「労働集約型の治験ビジネスに風穴を開け、ITのプラットフォームを武器に、日本国内から治験を変革する基盤が整った」と語った。


  エムスリーは、「m3.com」の医師会員約25万人に対して、ITを活用したeディテーリング「MR君」を提供し、実績を上げてきた。その後、製薬企業向けの営業支援から治験事業に参入。インターネット上から治験参加意向を示す医師を探し、効率的な症例登録につなげる「治験君」のサービスを開始した。海外に比べ治験のコスト高が叫ばれる中、吉田氏は、「ITのプラットフォームを使うことにより、欧米と同じ費用で速く治験を実施できる」と話す。

 「治験君」の国内受注実績は30件を超え、内資系製薬会社トップ10社のうち8社がサービスを利用するまでに浸透した。特に治験初期段階の被験者登録業務の課題を解決。約25万人の医師会員から一カ月当たり対象患者を何人診療しているか等のデータを集め、治験依頼者に最適な施設や医師を紹介。被験者登録のスピード、1施設における被験者の集積性を高め、開発期間短縮や治験コスト低減に結びつける。ある外資系企業のグローバル試験において、「治験君」を活用したエムスリーグループのCROが、世界最速の被験者登録を日本で達成しているという。

 CRAが行うモニタリング業務も効率化する。昨秋からスタートした「モニター君」は、医師に対して通知したい内容がある場合に、「m3.com」の画面に施設担当のCRAが顔写真付きで登場。クリックすると、EDCへの入力忘れや誤記入など治験を進めるために伝えなければならない内容が表示される仕組みだ。モニターの施設への頻回訪問を減らすほか、メールや電話という連絡手段をも代替するアプローチで、「多忙な医師に対して時間をとらせることがない」というメリットもある。その結果、CRAの生産性を高め、1人当たりの担当施設を増やすことができる。

CRA約700人体制‐治験売上140億円規模へ


 こうしたITサービスの品揃え強化と並行し、ITサービスと統合してシナジーを創出するために、オペレーションを持つCRO・SMOの積極的な買収に踏み切った。CROでは臨床研究に特化した「メビックス」、モニタリングに加えて医療機器や薬事にも強い「MICメディカル」を傘下に、今年2月にはCRA約400人を抱え、CSO事業も手がけるメディサイエンスを完全子会社化した。CRA700人体制に増強し、同業大手と事業規模面で肩を並べ、ワンストップ受託体制を整備した。

 MICメディカルは買収当初、単体で赤字という状態だったが、「治験君」とのパッケージ受注拡大で症例登録スピードを早め、治験期間を短縮させたり、派遣主体から受託主体への構造転換を推進(買収当初は派遣7割:受託3割を1年後には逆転させた)したこと等により、1年で黒字転換を実現させた。

 一般的に買収はその後のプロセスで成否が決まると言われているが、吉田氏は、「エムスリーではグループ化した会社に対して、単なるコストの効率化だけでなく、m3.comを活用した取り組みや、グループ内の他の事業との連携、さらには新ビジネスモデルの構築等の複数のレバーを用いることでシナジーを創出し価値を最大化させるユニークな展開を推進している」と述べ、今後も同様の取り組みを強化していく考えを示した。

 一方、SMO事業では、メディカル・パイロット、フジ・シー・アール・エス、フェーズオンを合併したイスモが始動し、全国に事業エリアを拡大。現段階では空白地帯にある北海道と九州をターゲットに、優良施設の開拓に向けた事業基盤を強化する。現在のCRC130人体制についても、「 CROに比べると人員を充足させる必要がある」(吉田氏)との方向性を述べた。

 13年度治験事業売上は、前期比60%増の68億円に成長。メディサイエンスが通期寄与する今期は140億円規模への拡大を目指す。急増する国際共同治験への対応については、英国・米国・韓国・中国子会社、ロシアの資本提携先を生かす戦略だ。「m3.com」の医師会員も米国では医師全体の7割、英国でも8割と強いパイプがあり、まずは「治験君」のサービスで海外展開に乗り出す。

 「グローバルで事業基盤をつくりたい」と吉田氏。エムスリーが治験分野でイノベーションを起こし、日本発国際共同治験の推進役になる。

薬事日報より

受付:平日9:00-18:00  担当:福井・大石

  • ISO認証・取得ライセンス一覧
  • 医療・化粧品物流ブログ
  • 医療・化粧品物流用語集
フリーダイヤル 0120-998-094
お気軽にお問い合わせください! 平日 9:00 - 18:00 担当:福井・大石
お問い合わせはこちら
お見積・資料請求はこちら