UV対策は春から早めの対応を‐「日やけ止め」に関する調査から

資生堂は今年、早めの紫外線対策を広く呼びかけるために、日本記念日協会の認定を受け、3月20日を「日やけ止めの日」と制定した。

この制定に当たって、2月に全国の15~69歳の男女4200人を対象に「日やけ止めに関する実態調査」を行ったが、過去に日やけ止めを使用した経験のある人は全体の約7割にとどまったほか、化粧品の紫外線(UV)防止効果を示す「SPF」「PA」表示については、詳しく説明できる人は1割未満であり、さらなる紫外線対策の啓発が望まれることが示された。

 紫外線は、年間を通じて地表に降り注いでいるが、紫外線量は日照時間に大きく関係する。昼と夜の時間が同じになる「春分の日」を境に日照時間が長くなり始め、日照時間が長くなるにつれ紫外線量も増えるため、その前に日やけ止めを使い始めるなど、早めの対策が重要といえる。

 先の調査では、過去1年間に日やけ止めを使用したという人(1877人)に対し、使用開始の時期を聞いたところ、「1年を通して使う」という人が全体の30・9%を占めたが、日照時間が長くなり始める「3月から使う」人は6・8%に過ぎなかった。

 「4月」は12・9%、「5月」は18・3%、「6月」は12・1%、「7月」は14・8%というように、行楽シーズンや気温の上昇、日差しの強さを感じるようになってから、日やけ止めを使う傾向にあることが分かる。

 一方、4200人全員を対象に、日やけ止めに表示されている「SPF」(UV‐Bの防御効果を表す)や「PA」(UV‐Aの防御効果を表す)についての認知を調べたところ、SPFの認知率は52・3%、PAの認知率は45・5%だった。

 性別に見ると、女性では7割以上がSPFを認知していたが、男性は約3割にとどまった。PAについても、女性は6割以上が認知していたが、男性は3割未満だった。ただ、これらの表示について何となく知ってはいるものの、男女共に「詳しく説明できる」という人の割合は1割に満たなかった。

 今回の調査から資生堂では、春分の日を目安に、毎年3月20日(3と2と0の語呂合わせから、サニーゼロ)を「日やけ止めの日」と制定し、早めの紫外線対策を意識してもらうことを呼びかけていくという。

薬事日報より

受付:平日9:00-18:00  担当:福井・大石

  • ISO認証・取得ライセンス一覧
  • 医療・化粧品物流ブログ
  • 医療・化粧品物流用語集
フリーダイヤル 0120-998-094
お気軽にお問い合わせください! 平日 9:00 - 18:00 担当:福井・大石
お問い合わせはこちら
お見積・資料請求はこちら