鈴与の医療機器物流ブログ
~医療機器物流・製造に関する最新情報をお届け致します~
  • HOME
  • >
  • ブログ
  • >
  • 医療機器物流 : SCMと物流センターの役割

医療機器物流 : SCMと物流センターの役割

2014年03月27日(木)RSS

医療・化粧品物流.comの鍵谷です。

今回は物流センターの役割についてのお話です。

商品の生産から消費者までへの流れを1本の鎖に捉えてサプライチェーンと言います。このサプライチェーン全体を統合的に管理して全体の流れをスムーズに効率よくする手法をSCM(サプライチェーンマネジメント)と言います。

SCMとは商品の生産から消費者の手に渡るまでの中で製造業・卸・小売といった各企業同士が情報を共有化して全体の最適化を図ることになります。この情報を共有化していくためには、各段階でのそれぞれの物流センターでの商品の在庫管理をきちんと行う事、そしてシステム面での連携が取れる事が大切になってきます。そうする事で初めて在庫の削減と品切れの防止が両立し顧客満足を高める事が出来ます。

鈴与では様々なお客様の物流センターの運営を行って様々なサービスをご提供しています。現在の物流でお困りの点、疑問に思っている点等々物流に関するご相談がありましたら、ぜひ 医療・化粧品物流.com(メール、フォーム、またはお電話)へお気軽にお問い合わせください。

鈴与株式会社 メディカルロジスティクス事業部 鍵谷

兵庫県出身。マテハンメーカーで物流会社向けの提案営業を経験。その後、前職の物流会社では主に小売業向けDC・TCセンター等の3PL提案営業とセンター運営管理を行っていた。昨年秋より医療機器物流の担当となる。

TEL : 0120-998-094

ブログ 過去記事一覧

受付:9:00〜18:00 (土・日・祝祭日除く) 担当:大石・吉崎

お役立ち資料ダウンロード
フリーダイヤル 0120-998-094
9:00〜18:00 (土・日・祝祭日除く)
お問い合わせはこちら
お見積・資料請求はこちら