鈴与の医療機器物流ブログ
~医療機器物流・製造に関する最新情報をお届け致します~

物流センターの機能

2019年12月03日(火)RSS

こんにちは、鈴与の医療機器アウトソーシングの吉崎です。
もう12月に入り2019年も残りわずかとなりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

今回は物流センターの機能についてご紹介します。

「倉庫」が保管機能のウエートが高い物流拠点であるのに対して、「物流センター」は顧客サービスにウエートを置き、保管・ピッキング・仕分けなどの出荷機能を重視した拠点です。
「物流センター」の英語名称がDistribution Centerであることから、略してDCと呼ばれています。

DCでは、基本的に下記の流れで作業が行われます。
1)入荷:商品をトラックやコンテナからセンター内の入荷場へ搬入
2)入荷検品:納入された商品の数量チェック、ダメージ検査
3)流通加工:半完成品として納入された商品に付加価値を加えて完成品とする作業
4)格納:商品を保管場所に格納しセンターの在庫とする
5)保管
6)ピッキング:出荷指示のあった商品を指示された場所から指示された数量をピックアップ
7)出荷検品:ピッキングされた商品の数量・ダメージの有無を確認
8)出荷梱包:数量に合わせた適正カートンへの梱包

1)~4)が入荷作業、6)~8)が出荷作業、と大きく分けることができます。
3)の流通加工業務は販売に直結した作業であり、多くの人手とコストがかかることが特徴となっているため、
メーカー様は流通経路の短縮によるコスト削減や人件費の削減を目指して、これらの業務あるいは物流機能全体を物流業者にアウトソーシング(業務委託)する傾向が目立ってきています。
医療機器業界においても、製品の流通加工業務にあたる医療機器製造業務を物流業者へアウトソーシングする会社が多くなっているように感じられます。

私たちの拠点は、DCの機能を持ち、さらに医療機器製造業登録を取得したセンターとなっておりますので、
従来、メーカー様が行っていた医療機器製造業務(検品、法定表示ラベルの貼付、添付文書の封入など)をアウトソースしていただくことが可能です。
医療機器製造業務だけでなく、製品の入荷から出荷までを一貫して対応できますので、物流業務を複数場所で行っていた場合には横持ちにかかる時間やコストを削減することができます。

私たちの医療機器製造業登録拠点は、こちらのページでご確認いただけます。
そのほか、医療機器に関する物流業務のアウトソースについてご質問等ありましたら、こちらよりお気軽にお問い合わせください!

鈴与株式会社 メディカルロジスティクス事業部 吉崎

愛知県出身。入社後、海貨事業・国際物流の分野において、輸送機器メーカー様の製品を世界各地へ輸出する、輸出手配のサポートや通関業務に携わる。その後、異分野である当部署へ異動し、医療機器物流の営業担当として活動。

0120-998-094

ブログ 過去記事一覧

受付:9:00〜18:00 (土・日・祝祭日除く) 担当:大石・吉崎

お役立ち資料ダウンロード
フリーダイヤル 0120-998-094
9:00〜18:00 (土・日・祝祭日除く)
お問い合わせはこちら
お見積・資料請求はこちら