化粧品 : 化粧品の消費期限管理

2014年02月19日(水)RSS

医療・化粧品物流.comの天羽です。

最近は大雪になったり、冷たい風が吹き付けてきたり、肌にはハードなシーズンですね。
化粧品を上手に使って乗り越えていきたいところですが、その化粧品によって、肌荒れを
起こしてしまうこともあるんです。
それは、化粧品の消費期限によるものなんですが、みなさんどのくらい気にされていますか?

「たくさん残っているし、もったいないから」といって前のシーズンのものを使っている方、
もしかしたらその化粧品が肌荒れを引き起こしてしまうかもしれません。

でも、よく見てみると化粧品には消費期限が記載されていませんね。
その答えは薬事法にありまして、第61条で「製造又は輸入後適切な保存条件のもとで3年以内に
性状及び品質が変化するおそれのある化粧品」には消費期限を記載するよう義務付けられています。
つまり消費期限が記載されていないということは、未開封であれば3年間は品質保証がされているということです。

開封済みのものの消費期限の目安ですが、こちらは商品ごとに異なるためはっきりとした基準がありません。
でもスキンケア・ベースメイク系はワンシーズンで使い切った方が良さそうです。
というのは水分を多く含んでいるものはそれだけ雑菌も繁殖しやすいので・・。
化粧水を買いだめするのはOKですが3年以内に使い切ること、明けたら半年くらいで使い切ること、
こんなところでしょうか。
書いていて思い付きましたが、日焼け止めもワンシーズンものですね。

鈴与では倉庫管理システム(WMS)で消費期限や製品ロットによる管理が可能です。標準機能として
多くのお客様にご利用いただいています。
消費期限やロットの情報をいただいて、お客様と倉庫側で相互に確認・認識をしていますので安心ですね。

現在の物流でお困りの点、疑問に思っている点、またこんな場合はどうなるの?といったご相談がありましたら、
ぜひ医療・化粧品物流.com(メール、フォーム、またはお電話)へお気軽にお問い合わせください。
お待ちしております!

鈴与株式会社 DC・倉庫営業推進室 天羽

秋田県出身。前職より、国内物流センター立ち上げ、営業を経験。現在の業務の一部として、医療・化粧品物流.comのサイト運営を担当しながら化粧品製造業許可を活用した物流提案営業に取り組んでいる。

TEL : 0120-998-094

ブログ 過去記事一覧

受付:平日9:00-18:00  担当:福井・大石

フリーダイヤル 0120-998-094
お気軽にお問い合わせください! 平日 9:00 - 18:00 担当:福井・大石
お問い合わせはこちら
お見積・資料請求はこちら